おばあちゃんのひとりごと

Entries

五嶋みどりさん「プロフエェショナル」素晴らしかったなぁ

 秋の美しい朝。
 昨夜のこと。夜はいつもテレビはかけないのですが、なんか
偶然なんとなくかけたのです。不思議 ふしぎ。不思議。
 そうしたら プロフェショナルが、五嶋みどりさんだったのです。
音楽の知識もセンスもない私ですが、みどりさんが好きでね。そ
の美しいバイオリンの音色に、うっとり しました。
 「素直に ただ素直に……」いっておられましたが、まだまだ、いい
なぁとおもうことがあったけれど、記憶力の衰えたわたし。ションボリ。
 だけど バイオリン」の名演奏の音色の美しさにうっとり……
       もう嬉しくて 心地よくて 眠れました。

      不思議なこと

     ふしぎなことってある
     なんか そんなとき不思議な力を感じる
     素直に不思議に思う
     心の中で思う 素直に思う
     何気ない中に 確かに
     導かれてであえる現象の不思議
     
     ふっと 気にかかることが
     ふっと 思うとちゃんと そのあとに
     不思議に出会うできごと
     なんか 不思議
     素直な気持ちで素直にいきたい
     たしかに 不思議な力を深く感じるわたし

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    役者の青春   中村勘九郎著より

    <俺 死んだのかなぁ?>

 この前、怪談めいた話しをしたら、意外に反響が大きくて、私も見た、
ぼくも見た、っていろんな人に言われちゃった。やっぱり神秘的なことに
対する畏れと興味というのは、皆が持っているんですね。
 それで今日はその続き。
 チーばぁ、ってよんでたうちのおやじのおふくろの妹が亡くなったとき、
うちの仏間の電気がボーンとショートして消えたんです。その瞬間に家族
の者みんなが、チーばぁが座っている影を見た、って言ったんですね。そ
りゃ、入院中のチーばあをみんなで気ずかってたから……かもしれないけ
ど、やっぱりちょうどその時間にチーばあーは亡くなっているんですね。
 ね、すごく不思議でしょう?
 また、うちの父は勘の鋭い人で、プロデューサーの石井ふく子さんのお
母さん、つまり親しくしてた新派の伊志井寛夫人の三升延さんが亡くなっ
たとき言い当てました。
 旅先でリーンと電話が鳴ったら、
 「あ、お姉ちゃん、亡くなったよ」
 って言ったんですって。でもその電話は石井のおばさまの亡くなった知ら
せじゃぁなかったんだけど、あとで聞くとやっぱりその時刻に亡くなっていら
しゃるですね。
 ぼくはこういう、虫の知らせみたいなことは、絶対にあると信じます。それ
から、人間の思いとか、、女の一念とかいうことも……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 わたしもそういう不思議なことが、あったのです。

 私の父と母と嫁ぎ先の心優しい義祖母が続いて、三年のうちに亡くなった
んです。私のことをとても、とても案じ大事にしてくれたひとでした。

 私へのメッセージは、数珠を喪服の膝の上でそぉとおいておまいりしている
ときに、切れていたのです。引っ張ってもいないし、なんにもしてないのに、膝
のうえでね。葬儀の日にね。不思議 不思議。その数珠の不思議?
初めに父の葬儀に数珠が切れた。(嫁いだ時に母が持たせてくれた数珠)
半年後 母の葬儀は、母の形見の数珠を貰いましてね。それは切れずでした。
 これは母の数珠なので、母は切らなかったんだなぁーとおもいました。その
一年後の義祖母の葬儀のとき、亡き父と同じように、気が付いたら、不思議に
きれていました。 ほんとうに不思議なことでした。同じように同じ状態で知らな
いうちにわたしの膝の上でした。全然に気ずかないうちに、です。不思議。なん
です。
 わたし、その時に、ナゼかなぁー?

  たぶん 考えていてわかったのです。
 「大丈夫 いつも 守ってるよ……」って!  メッセージなんだって!ってこと。

 短歌

 いまを生き守られしわれ感じてるそれがなにより幸せなわたし

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽