おばあちゃんのひとりごと

Entries

「神様との遭遇」そんな非科学的な……。


  神様っておられると思うな

  神さまはおられ
  いことをしたときは微笑んでおられ
  悪いことをしたときは悲しんでおられる
  だから
  微笑んでくださるように
  毎日を過ごしていきたい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


  201・12 至知 (人間学を学ぶ月刊誌)より

  自分の言葉で世界を語る
  フィールド・ワークでの学び     丸橋珠樹

 自ら調べ、自ら考える……。
 これは私が勤める武蔵大学の教育理念ですが、私自身、サルの
研究者として世界中をフィールド・ワーク(学術研究で現地を訪れ、
対象を調査、観察する)で巡ってきた経験から、その大切さを実感し
ます。
 --省略ーー
 日本が経済大国への道を突き進んでいく七十年代、原生の美し
い自然に溢れた秘境・屋久島は、森を畏敬し自然と共に生きよう
とする人々が行き来する場所となり始めていました。
ーーー省略ーーーー

 屋久島の人たちの暮らしには不思議が息ずいていました。
 それは、いつものようにサルの調査に向かう途中のことでした。
 山の上から「オハーン、オハーン……」、私は人間とも、動物とも
違う、不思議な声を聞いたのです。しかし、驚いている私に、通りが
かった地元のひとは平然とこういいました。

 「ああ、あれかい。きょうは山の神の日だから、神様が海に塩を
汲みに行っているんだ。その通り道を、あんたが邪魔してるんだよ。
向こうへ行こう」

 その日は地元の人たちが山の神様へ礼拝する特別な日だという
のです。そんな非科学的なことがあるはずがない。と私は同じ場所
に戻ってみるのですが、今度は海岸から同じ声が聞こえてくる」……

 この”神さま”との遭遇は私の考え方を大きく変えました。

 それぞれのコミュ二ティには自分の常識では理解できないことが、
当たり前の如く存在する。

 ならば、彼らの中に息ずいている文化や宗教を疑ったり、否定する
でなく、素直に受け入れていくほうが、彼らの社会を理解していく近道
なのではないか、と考えるようになりました。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

   どん底と思ってもいい楽しいなそう思うことだそうして生きる

   秋の朝ベランダで干す洗濯も心地よいもの楽しく過ごす




スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽