おばあちゃんのひとりごと

Entries

ほめられてばかりいると、しだいにリスクを負うのかな……

     なんとかなる

   どんな辛い日々も
   悲しみに打ちひしがれていても
   くるしくてあえいでいてもね

   その毎日は永遠」じゃあない
   もう生きてられないなんて
   思わないでね

   なんとかなるなんとかなるのです
   ついつい いつまでも続くと思うでしょ
   そうじゃぁないのよ

   心の中はいつも明るく
   なんとかなるなんとかなる
   温かいいい日がくるもんです

   夢を頭に浮かべていることよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 2014・8 人間学を学ぶ月刊誌
 至知 より

 日本の教育を取り戻す  中村学園大学教授
 教育の「常識」を疑え           占部賢志
  偏見を打ち破る米国の教育研究
    
 子供たちを取り巻く環境に大きなひずみが生じている。いま教育の
現場で何が起っているのか、最前線に立つ教師は何をなすべきなの
か。一教諭の立場を貫き、真正面から教育に取り組んでこられた占部
賢志氏に、教育界の現状をもとに教育再建の道を探っていただく。

 子供たちの具体的な指導方法について、占部先生と教師による座談会
形式で話しが進みます。

 「ほめられる子供は伸びない」

 占部 以前、当連載で子供はいたずらにほめるなと戒める一文を書きま
     したが、それに関して興味深い本が出ているので、紹介しておき
     ます。
       米国のポー・ブロンソン並びにアシュリー・メリーマンの共著
       「間違いだらけの子育て」(インターンシフト)という本です。
       とにかく、データや実証的な売らずけが豊富で説得力があるだ
      けに話題を呼びました。このなかに、「ほめられる子供は伸びない」
      という項目が出てきます。

 教師A なんとも刺激的な項目ですね。どんな根拠が挙げられているのです
      か。

 占部  たとえば、こんな実例が紹介されています。子供たちに簡単なテスト
      受けさせた後、無作為に二つのグループに分け、一方のグループに
      は頭の良さをほめ、もう一方には「よく頑張った」と努力した点を評価
      する。
       次いで、難しいテストと易しいテストのの二種類を用意し、どちらか
      を選ばせる。すると、努力を認められた子供の90パーセントは何問の
      テストを選択したが、知能をほめられたグループの多くは易しい方を選
      んだというのです。
       その後両グループとも新たに用意した難しいテストを解かせたところ、
      「努力」グループは意欲的にチャレンジしていたが、「知能」グループに
      積極性は見えなかったそうです。
       さらに、以上の体験後に、再び簡単なテストを、やらせてみると、面
      白い結果が出た。「努力」グループの成績は約30パ―セントアップした
      のに、頭の良さをほめられていたグループは20パーセント近くダウンし
      たというのです。

 教師B  へぇー、そんな結果が出たのですか。どうしてそういう結果になったの
       でしょうか。

  子供を変えた5分間

 占部  どうもほめられると、ほめられなくなるのをおそれるようになるのですね。
      常に ほめられる易しいレベルのことしかしないようになるわけです。
       難題に挑む気概はもとより、意欲が消失することで学力そのものが鈍
      化する そういうことが子供には起こり得るのです。

 教師A  何となくわかります。ほめられてばかりいると、しだいにリスクを負うよう
       な危険はおかさなくなるというわけですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 [
 教育者の大きな間違い、それは、自分が子供であったことを忘れてしまうこと。
                             フランスの作家 J・ラクルテル
 

 短歌

   なんでもを楽しく考え生きることそれが大事と老いて知るなり

   老いるごといろんなことを考えて苦難も無限じゃぁないと知り

   秋をゆく町に紅葉降りてきた枯れ葉踏むのも良き哉嬉し

   しばらくは枯れ葉の掃除明け暮れる人を見ながら枯れ葉たのし

   おさなごのように枯れ葉をけったりし老いの散歩も楽しきひと日

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽