おばあちゃんのひとりごと

Entries

ターマン博士の続きです。

  落葉の季節。街路樹も公園も美しい紅葉。
  枯れ葉がつもります。私の心には、はてさて何がつもっているのやら?
幸せや喜びや、楽しい日々を積もらせていこうかな?ほかごとの嫌なことは
北風に任せてね。頑張って、今日を過ごそう。ランランランと……。

 夫婦の幸せは地位や財産ではないのです。
          それは、お互いの尊敬なのです
             フランスの作家 H・バルザック

      家庭とは・夫婦とは

    家庭には 敬の心があったら
    いいなぁ そうすると いいなぁ

    親子 兄妹 おたがいに
    敬の心があればいい

    そうすれば 温かくて
    いい家庭になるな

    そう思ってたけれど   
    そうゃって人生を生きたかったんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 昨日の続きです。

 占部   そもそもダイアリーが白紙に近いというのはさびしいものであり
      日常生活に活力が無いも」同然なのです。だからこそ精密な手帳
      をつけることはということは、じつに活気のある日常をつくることに
      つながるのです。これ一冊が私であるというぐらいの手帳ずくりを
      勧めるゆえんはそこにあるのです。

       スケジュールを手帳に書くということは、行動予定を客観化する
      ことです。しかも予定を一つ一つ実行に移して消化していく経験が
      客観化できるとき、生活を主体的に切りまわしている自己に気ずく。
      
       そうなればしめたもので、意欲はおのずと湧きあがる。

       手帳を開いて次に打つべき手を模索している時点で、生徒は攻め
      の学校生活に転換しているはずです。

       ターマンのいう慎重性を私はそんな指導法で高校生に仕込んだこ
      とがあります。
       いずれにしても、段取りのつけられない大人が多いだけに、子供の
      うちから見通しが立てられるトレーニングは必須だと思いますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私も両親にこれは教えられていたらしく、手帳を大事にしスケジュールをつけて
います。やはり、いっぱいにかかれていると嬉しいものです。大事なことかなぁ?

  短歌

   生きている生きていけるから楽しくね笑って老いの日々をいこうかな

   

     
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽