おばあちゃんのひとりごと

Entries

「人間の生き方は老人になってしみじみ感じられる」高見沢潤子

     自分の人生

     自分の人生だから
     ゆっくり ゆっくり 歩きたい
     失敗しても ドジしてもいい
     笑っていたい
     こんどうまくやればいいから
     のろまでいい ゆっくりいこう

     自分の人生だから
     ホンワリ ホンワリしていたい
     人が笑ったっていい
     駄目でいい
     ボーとしていたい
     何かがあったら
     そのとき 考えたい
     のろまでいい
     その時 がんばれば

     自分の人生だから
     いつも笑っていたい
     笑っていれば
     周囲の人も きっと
     ホッとすると思うから

     だから自分の
     人生は笑って過ごしたい
     

 若いころに悩みや困苦や辛いなぁと思った時ときに、
 「小林秀雄氏の妹さんへの手紙」 を読んだものです。

 自分のことばかり考えているからいけないのだよ。
 不安になったり孤独を感じたりする奴は、必ず 自分のことしか思わない
奴だ。もっと人のことを思え。一生懸命ひとのために、何かをしようと考えて
みろ。不安なんかなくなっちまうぞ。         (小林秀雄さんの手紙)

 悩んだり、苦しんだりしたとき、この手紙を思い出すのです。そして……。
確かに、つい自分のことばかり考えているなあ……。 と考えて、心を少し
ずつかえ 視点を変えたい。そうおもったものです。

      人間の生き方は老人になって、しみじみ感じられる。よく
      生きるのも、悪く生きるのも、嫌われるような老人になる
      のも、親しまれ 役に立つ老人になるのも、自分の責任
      なのである。
                                高見沢潤子

      年寄りになるのにコツはいらないが、年寄りでいることに
      コツはいる。
                      ゲーテ 
     
      幸福も不幸も、すべて心の持ち方から生まれてくる。
       釈迦も語っている。
      「欲望が燃えさかれば、この世は焦熱地獄。貪欲におち
      こめば、人生は苦しみの海、心さえ、清らかなれば、燃え
      さかる炎も涼しげな池となり、迷いからさめさえすれば、
      解脱の境地に達する」
       心の持ち方を少し変えただけで、この世の中は、ガラリ
      と姿を飼える。くれぐれも対処したい。
                     「新釈 采根譚」  守屋 洋 より

 せっかくの一回きりの人生、一日は何もしなくても過ぎていきます。そう思うと、
しっかり生きていきたいと、こんな老人になって思うのです。老人になったから
余計に感じるのかもね。いろんな箴言や、人との邂逅を大事にしたいものです。


 短歌

   老いたから暇があるyから本が読め読んだら咀嚼楽しく学ぶ


    
     
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽