おばあちゃんのひとりごと

Entries

「尊敬をされることによって人心を捕捉し得る」 ナポレオンの言葉

    逆転の発想こそは生きる知恵

    考える方向をちょっと変えたら
    悩んでいる苦しんでいるそれ
    ちょっと 逆に考えてみたらいい

    すべてが変わるよ
    逆転の発想すると いい
    視点をちょっと変えたらいい

    長所は短所に 短所は長所に
    そう思えば なんでもがいいことになるかも
    すべては自分の考え方ひとつです

    ときどきは ちょっと 考えてみたらいい
    笑えてくるし 楽しくなるよ
    あつちこっちから 考えたらいい

    この世の中で 暗黒だぁって思っても 案外
    いや いや だいじょうぶ それを反対にみれば 
    そういうのも いいもんだ

    <人間万事塞翁が馬よね>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 帝王学のノート      伊藤肇 著より

 利益は、目的か

 事業とは何か、と問われると、たいていの事業家は
 「営利を目的とする組織」 と答えるし、経済学者たちも、ほぼ、これと同じ
意見を持っている。しかし、この答えは大きな間違いであるばかりでなく、全
く見当外れである。利潤とは事業の妥当性を検証する一つの基準を提供す
るだけのものだ。                          ドラッカー

 マヨネーズで有名なキューピー社長の藤田近男さんは、陸軍士官学校在学
中に敗戦となり、水産講習所に入りなおして卒業すると、まっすぐのこの会社
に入った。
 それは創業者の中島薫一郎さんに魅力を感じていたからだ。
 中島さんは 「戦いに敗れても、必ずしもこの国は亡びないが、もし国民が
道義を重んずる心を失ったとき、この国は亡びると教えられた。しかし、それ
は、ひとり国家のみではない。会社でも商社でも、これに携わる人々が道義を
顧みなくなったら、いかなる大企業でも必ず没落する、ということは既に幾多の
事例がしめしている。つまりわれわれが第一に心掛けなければならぬのは、
利益の追求よりも、先ず、道義を重んずることである」といい、これを実践してき
た。
 キューピーに惚れて入社した藤田さんはいきなり販売にまわされた。
 生来の武骨者で、お世辞一ついえぬ藤田さんは、ほとほと困りぬき、中島さ
んに直訴した。

 「私には、とても十円のものをウソを言って十五円に売るなんて真似はできま
せん。なんとか製造部門へ配置転換していただけませんか」
 必死の面持ちの藤田青年を中島さんは静かにさとした。

 「君は何かを勘違いをしているのではないか。商売というものは、十円の価値
のあるものを十円に売ることなんだ。それ以上高く売っても、それ以下に売っても
いけない。まして、口車にのせて、十円のものを十五円に売ろうなんてとんでもな
いことだ。君を特に販売にまわしたのは、君は純情で正直だから、ごまかし販売
など絶対にやらないと思えばこそなんだ」

 この一言は藤田さんの眼の鱗を落とした。
 「尊敬されることによって人心を捕捉し得る」 とはナポレオンの言葉だが、上司
と部下とは、何か、尊敬できるものがないと決定的な結びつきとはならない。以来、
藤田さんは中島さんにぞっこん参り、キューピーの伝統とのれんを担う正統意識者
として教にいたっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

  尊敬と言う言葉が好きされる人する人になり老いを生きたい

  冬の日やひなたぼっこをしたくなる温き陽ざしが部屋に射し込む

  ひなたぼっこまあるくなった亡義祖母背な懐かしうかぶ冬の陽ざしに

  
  
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽