おばあちゃんのひとりごと

Entries

人生は決断の連続です。小さい頃から自分で決めることを習慣にする。

 お正月は嬉しいですね。なんかいい年の予感がします。
 
 小さい頃は、新年には 母が綺麗な下着を新しく買ってくれましてね。
枕元に置いてくれて、お正月の朝 着れるのが嬉しくてね。なんといっても
今のようにものがあふれるようにある時代ではないものですからね。
 嬉しい気持ちはね 格別なものです。いまも思い出すのです。

    せいいっぱいなんだもん

    がんばって生きて
    がんばって楽しんで
    がんばって苦労を乗り越えて
    頑張ッているとは思わず
    でも がんばっていたんだな

    しみじみと考えれば
    後悔ばかりすべきなんだけど
    後悔はやめる
    頑張った結果なんだもの
    がんばったからいいとしよう

    わらって あとの人生
    ゆっくり ゆっくり いこうかなぁ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 東大脳は12歳までに育てる
               谷あゆみ 著より

 子どもに必ずさせたい5つのこと

 1  好きなことに熱中させる
    --省略ーー
    人間には、得意なこと、好きなことを伸ばしていると、不得意な
    ところもあとから伸びてくるという性質があります。

 2  自分自身で決めさせる
    --省略ーー
    目標があるかないかで、人のやる気は変わってきます。いつま
    でやればいいかゴールが見えないことを、続けるのも難しいも
    のです。決めた目標に達した時に、もっとやりたいと思えば次
    の目標を立てればいいのです。そして途中で嫌になっても、よ
    ほどの理由がない限り,目標まではがんばるように応援します。
    --省略ーー
    かならず何か出てくると信じて、じっくりまちましょう。
    問い続けることで子どものアンテナが立ち、情報収集や考える
    ことにつながります。
      そして自分が考えて出した結論を口にして、それを受けいれ
    てもれえるたびに子どもは自信をつけていきます。

    そのとき注意しなけれrばならないのは、何を言われても、否定
    しないことです。
   
     「いいね!」 といいねと言ってください。どうしてもいいと思うえ
    ないときは、 「なるほど、そうなんだ」 と、受けとめます。

    親が意見を言うとしたら、指示命令ではなく、提案です。
     「ママは、こうしてほしいと思うなぜなら……」と、親も理由をハっ
    キリと伝えア他」うえで、最後は子どもに決めさせます。

    人生は決断の連続です。
    今この瞬間に何を選ぶかによって、人生の向こう先が決まっていき
    ます。

    小さいうちから自分で決めることを習慣にして、同時に自分で決め
    ていることを自覚させましょう。

ーーーーーーーー続きますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   短歌

   わからない知らず知らずに老いていた気がついてみたらおばあちゃんだった

   孫と遊ぶたのしい嬉し小さいな何を話しても可愛らしいな
 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽