おばあちゃんのひとりごと

Entries

君は秀才とはいいがたいが、体が頑丈な体をしている。3倍の努力を

  昨日から大相撲が始まり、楽しみが増えました。今日は大波乱があり
ついつい大声がでます。そして手を叩いたり、一人でも笑える私。
 紺野美佐子さんがゲストで、舞の海さんと、NHK解説者とともに、出て
おられいいものでした。サンゴのかんざしをしておられ、ふと、私、最近
亡き母の形見のサンゴの指輪を知らないうちに、落としてしまいまして、
そのサンゴは亡き母のかんざしから作ったものなのでね。きっと、亡き母
が 「もう大丈夫ね」 と私の傍から母は安心して逝っちゃったなぁ……。
思ったのです。紺野さんのかんざしを見てね。亡き母を思い出しました。
 相撲を見て、なに見てるの?でしょう。面白いわたしです。
 昨日 バースディプレゼントで指輪頂いたし、しあわせだわ。


        お父ちゃんの足音

     寒い夜更け
     母は炬燵で居眠りしてる
     裏の道を歩く足音で
     パッと、起きてゆく

     なんで お父ちゃんって! わかるの?
     ホント ビックリ 不思議な母でした
     私が小さい頃いじめられて
     「おかあちゃん 怒ってやって」

     「はい わかったよ」と母
     裏の道を通る子に
     「あの子たちだよ。怒って……」
     母は笑顔で「みんな仲良くね……」

     ただそれだけだった
     拍子抜けし わたし 唖然
     いま思えばそれでよかったんだな
     遠い 遠い 昔 むかしのこと

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 13歳からの脳にいい話
                 百瀬昭次 著より

 「出会い」 にはチャンスの芽が隠れている

 わたしたちの人生には、さまざまな 「出会い」 があります。それとどのよう
に向き合うかで、人生は大きく違ってきます。これを知らないと、せっかく目の
前にあらわれるチャンスを逃してしまいます。 「出会い」 はチャンス(幸運)
の運び手だからです。

 あのニュートンが万有引力の法則を発見したのも、もとはといえば、リンゴが
木から落ちる場面との一瞬の 「出会い」 をしっかりつかまえたからです。

 エジソンが発明王への道を歩んだのは、お母さんから手渡された 「自然哲学
の人たち」 という一冊の本との出会いがきっかけでした。

 「鉄の神さま」 と崇められた本多光太郎博士が勉強に励むようになったのも、
小学校を卒業した後通っていた夜間の塾で、一人の先生との出会いがあったか
らです。
 その先生が語った 「君は秀才とはいいがたいが、頑丈な体をしている。だか
ら人の三倍努力するんだ。そうすれば、どんな秀才にも負けない人になれる」
 という言葉に発奮したのです。

 将棋の十五世名人大山康晴さんが棋士になれたのも、小学校五年と六年の
ときの担任だった先生と出会ったことがきっかけです。
 「大山、棋士になるなら必ず日本一になるのだぞ」
 と励ましてくれたといいます。

 日本の歴史を大きく動かした人物のなかでもとくに人気の高いのが坂本竜馬
です。
 彼は 「出会い」 ずくりの名人であり、その 「出会い」 を生かす名人であり
ました。とくに勝海舟との出会いは自らつくりだしたことが、その後の竜馬の生
きる方向を決定ずけました。 
 実際それを機に、竜馬は水を得た魚のように、その持ち味をいかんなく発揮し
時代を大きく動かしていったのです。

 どんな 「出会い」 にもチャンスの芽が隠されていると確信して全力でぶっか
っていくと、必ず事は進展(好転)していくものです。 「出会い」 のは不思議な
力が秘められているからです。

ーーーーーーーーーーー次回に続きますーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

   わが母は明治の母なり厳しくも温かき母懐かしく偲ぶ

   幾度かの人生のおけるチャンスをわたしはものに出来ず愚かなり

   振り返れば勉強不足そう思うもったいなかったいまになり思う

   努力をもっともっととすればとぞ今になり思う愚かなわれなり

   大声で好きな力士を応援す老いて楽しも相撲観戦

   
          
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽