おばあちゃんのひとりごと

Entries

世界中の人が住みたがる国、それが日本なのです。

 今日は雨でした。友人から、朝 電話があり、「今駅でね。行こうと
思うけど……」「うん 暇だから 待ってるよ」 って!
 一時間以上かかるので、大慌てで家をさっさっとかたずけたんです。
日頃からだらしないわたし(苦笑)なんでもやることも、手早いのです。
友と 久しぶりに会えて、いっぱい話しが出来て嬉しく、楽しかったわ。
  ありがたい ありがたい うれしい嬉しい。しあわせ。いい日。

   そうなれたらいいな
 
    不平や不満や愚痴って
    誰の心にもあるでしょう
    そうして思いどおりにしたくなっちゃうよね
    でも ちょっと考えてみるとね

    なんでもに満足しようとしてはだめよね
    愚痴や不平や不満足のある日々の中
    その心を 満足感でいっぱいにしちゃうの
    愚痴や不平や不満もあるのがしあわせと思うといい

    いいたいことや欲しいものややってほしいこと
    なんでもを思いどおりにしたいなんて思わず
    すべてを まあるく 優しく 温めて 満足に思う
    そして 心の中は 大満足の心がいいな

    そうなれたら いいな

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 13歳からの脳にいい話      百瀬昭次 著より

 日本人としてプロ意識をもとう

 二十一世紀は日本が世界のリーダーとしての役割を果たす時代だと
いわれています。とくに若いみなさんが世界の舞台で大活躍する時代
が目前に迫っているということです。
 このことについて、日本の精神文化を広く世界に紹介してくださってい
るフランスの高名な作家で美学博士のオリヴィェ・ジョルマントさんが、
その著書 「日本待望論」 の中でこう述べています。

 「日本のみなさんは、人類史上最上の精神文化の一つの継承者です。
そして地球上のもっとも力強い活力に満ちた国民であり、その文化は新
時代の知のいかなる条件にも即応できる性質のものだと思います。
 不幸にして一敗地に塗れたとはいえ、まさに奇蹟としかいいようのない
努力を傾注して、世界第二の経済大国を建設されました。ならば、なぜ
この気概をあらゆる領域で積極的に発揮しようとなさらないのですか。
 万人の幸福のために、日本民族がはたすべき使命は、まことに大きい
のです。
 日本文化の真価を、誇らかに強固に発揮してほしいと周囲は待望して
いるのです」

 また、日本を離れて三十三年もカナダの大学で教鞭をとられたブリティ
ッシュ・コロンビア大学名誉教授の永谷敬三博士も、「なかなかの国、ニ
ッポン」 という著書の中で、こう書いています。

 「日本はいい国です。
 外から見るとそれがよくわかります、世界中の人々がそう考えています。
世界中の人が住みたがる国、それが日本です。
 日本を知る外国人は、日本の良さとして、異句同音に日本の清潔さ、安
全さ、そして、つまり、日本は安心して暮らせる社会だと、外国人は評価し
ているのです」

 長く鎖国を続けていた日本に、幕末から明治初期にかけて滞在した外国
人たちが日本人について残した記録にも興味深い記述があります。

 初代米国公使として下田に滞在したハリスが付近の農民や魚民の清潔
さ、礼儀正しさに、感嘆したことはよく知られています。

 またオランダ商館に滞在し 「日本誌」 を書いたエンゲルベルト・ケンベル
はこう指摘しています。

 「日本人は習俗、道徳、技量、立ち居振舞いの点で世界のどこの国と比べ
ても勝り、国内に平和が続き、世界でもまれにみるほどの幸福な国民であっ
た」

 日本人は古来から和を尊ぶ精神、恥を知る名誉心、人間同士の反目を水
に流して絶えず人間関係を浄化する叡智、勝って奢らぬ謙虚さ、苦難の時は
それを平等に分かち合う温かさなど、数多くの美徳を培ってきたのです。

 それが、これまでいく多の困難を克服することに大きく貢献してきたことを、
わたしたちはもう一度思い起こしてみる必要があります。
ーーー省略ーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     短歌

    しあわせはどこにでもありそう信じそう思えばあるなんでもが幸

    友と会う嬉しき今日はなんとなく元気が湧いて寒さも忘れ

    


    
    

      
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽