おばあちゃんのひとりごと

Entries

「宗教のない教育は、ただ利口な悪魔をつくるに過ぎない」 

 今夜からまた寒くなるようです。
 下記の本の一節より~
 「そいつがいるだけで パぁっとあかるくなる……」
 そういう人がいいなぁ。そういうひとになろうかなぁ?うっふ ふ ふ・

     春よ来い

       寒いな
       木枯らし吹いて
       風の音

       木々が揺れてる
       公園は子どもが
       誰もいない

       冬でも
       ちょっと太陽があれば
       母と子が遊ぶ

       早く春が
       来ないかぁ待ってるぞぉ
       春よ来い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「 帝王学のノート 」           伊藤 肇 著より

   --前回より続きーーー

  五、 事の前に在りては怠惰、事に当たりて疎忽、事の後に於いては
     安逸、是れ、万事成らざる所以(ゆえん)なり。 
      
       天才も要するに 勤勉のみ。

     ーー省略ーー
 
  六、 用意周到なれば、機に臨んで惑うことなし、信心積善すれば、変に
     に遭うて恐れることなし。

       -省略ーー

    イギリスの功利主義経済学の始祖・ジョン・スチュアート・ミルは、
    「信仰を有する人は、普通人九十九人にも、匹敵する社会の力で
    ある」 といっているし、ナポレオンを破って英国を守りぬいたウエ
    リンとン将軍は
   
    「 宗教のない教育は、ただ利口な悪魔を育てるに 過ぎない 」 
     と断言している。

 七、不振の精神、頽廃する生活の上には何ものをも建設末うに能わず、
    永久の計は一念の微にあり。

    人は性格にあった事件しかでくわさない。
    
    性格が運命を招くのだ
    
    そいつがいる、というだけでパアッと明るくなる雰囲気を身につけた
    人がいる。
   
    反対にその人がいるために責全体が陰々滅々となる。
    だれしも明るく、朗らかな方が好きで、暗く陰惨なのは嫌いにきまっ
    ている。

    そこのところを芥川龍之介が、
    「運命とは性格なり, 性格とは心理なり」 と喝破しているが、

    「心理とは精神なり」 とつけ加えると、いわんとするところが、もっと
     ハッキリする。

     安岡正篤先生は 「ギボンの 「ローマ衰亡史」 は、つぶさにロー
     マ衰亡の史実を検討し、その結論の一つとして、

     「 民族とは何ぞや、民族とは精神なり 」 と、論壇している。」 
     と指摘しておられる。

    「一念の微」 とは、 
    
    「 ちょっとした微妙な考え、心のおきどころ 」
   
    という意味で、それが積み重なると長年の間に大きな差がでてくる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  短歌

    朗らかに楽しい日々に生きてゆく一人だってもいい日にしたい

    さようなら友と別れて帰る道北風吹いて身をかたくする

    出会う友優しい心伝わりて北風のなかを杖の音鳴らす

    私がいるそれだけで笑みいるだけで喜んでくれるその中にいたい



スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽