おばあちゃんのひとりごと

Entries

”牛痘を植えると角が生える”  ついに天然痘根絶宣言となる。

    仏教詩人・坂村真民先生の詩 

      子を抱いていると
      ゆく末のことが 案じられる
      よい人に巡りあつてくれと
      おのずから
      涙がにじんでくる

 中学生の少年の悲しいニュース。 恐ろしいことで なぜ なぜ。


    正しい愛情とは
    お互いが活きて此世に存在して居るという厳粛なる事実を
    衷心から尊敬し合うことから湧いて来る。
                              中村天風   

 
 正しい愛情。
 あらゆる事を学び、成長していってほしい。そして、立派な人になってほしいな。


          自分が自分を作るのですから
            
            立派な人間になりたい
            まわりに 感謝し
            
            勇気、強い心 そして優しさ
            尊敬 素直 正直 真面目

            悪いことはしない 悪いことも思わず 
            明るく 楽しく 生き生きと 颯爽 溌剌 
         
            毎日こうして いきたいのだけれど
            自分の人生なんだから 一度きり自分の人生だから

            今頃になって 気ずいたのです
            ちょっと 遅いけれど 頑張ろうかなぁ

            笑える 私なんです。 ふっふふ ふっふふ
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 光に向かって100の花束                 高森顕徹 著より

 「悲願に生きる」
  ジェンナーと天然痘

 種痘といえば、ジェンナー。
 有名である。
 エドワード・ジェンナーは、最初、博物学に興味をもち、鳥類の研究に
没頭していた。
 ところうがそのころ、多くの人々を苦しめている天然痘を見聞して、な
んとかこれら苦悩の人々を救いたいという、一大悲願を抱くようになった。

 彼は先ず、牛乳を搾る人たちが、牛の天然痘に感染していったん癒え
ると、以後決して人間の疱瘡にはかからないという経験談に、強い興味
と興奮をおぼる。
 それからというもの、細心の注意で経験談を集め、確かめることに尽力
した。その後、ロンドンに出て、名医ハンターに師事して意見を、求めると、

 「まじめに、おおいに試みよ」
 
 と激励される。
 ジェンナーは、いっそう周到に、幾度も実験し、考察し、ますます自信を
深めていった。
 よく知られる、みずからの予防法を、わが子に試みたというのは、その間
のエピソードである。
 
 また、サラーネルメスという、牛痘に感染した乳しぼりの女の手から膿を
とり、これをヒップスという八歳の児童の腕に植えもした。
 
 1796年5月14日。これが現代種痘法の最初といわれる。
 盤石の基礎をえた彼が、所信を、ひとたび世界に発表するや、激しい毀
誉褒貶が巻き起こった。

        ”牛痘を植えると角が生える”

 などの、笑止な、反対運動にもみまわれる。
 しかし、これらの反対に、根気よく戦い、人類社会の福祉増進に彼は、骨
身惜しまず努力した。
 十八世紀だけでも全世界で、六千万人の人々が、このいまわしい病苦か
ら救われている。
 1979年、世界保健機関は、ついに天然痘根絶を宣言した。
 史上に残る鴻業を樹立し、世界の恩人と仰がれる人たちは、みな崇高悲
願と、たゆまぬ努力で、イバラの道を開いたのである。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 今世紀最大の脅威といわれる 「エボラ出血熱」 怖いですね。
 「エボラ出血熱」 も、いまに、熱心な研究者によって根絶宣言がなされると
信じたいものです…….立派な研究者が、がんばっておられますものね。

   短歌

      誰でもが微笑むことが大事です喧嘩もいじめも避けていきます

      春が来るただそれだけで嬉しくてなんかほのぼの幸せな気持ち
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽