おばあちゃんのひとりごと

Entries

後継者を得ることと、後継者に仕事をひきつがしむる時期を選ぶ。

 
       心朗らかに
       なんにも心にわだかまりがなく
       楽しい、うれしいという時を味わっているあいだは、
       時間も空間も超越してしまうんですよ。
                        中村天風


 考えると確かに楽しいときは、アッというまです。
 嫌なときは。とても 長く感じるという心です。
 
 嫌だと思わないように、喜んでやることがいいと思いやっていました。
 結構 楽にやれ とても いいものでした。
 
人にあれこれ言われて、行動するのは、いいものではないので、気がつい
たことを、先に さきに やるようにしていたものです。

 
 さあて ?さあて?

   後継者に渡すことの難しさに、うーん~としみじみと、思うニュースです。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帝王学ノート              伊藤肇著の本の中より
  
 「幽翁」  伊庭貞剛

 ▼   人間は病気のときと、健康のときと、この二つの境涯を処する工夫を
      究めておかねばならなぬ。

      あるひとが 「近ごろ、神経衰弱を患って、どうも体の調子がよくありま
      せん。ひとつ座禅でもやってみては、と思いますが……」 と相談する
      と、翁は頭をふってこういった。
      「それは大変な心得違いじゃ。神経衰弱なら、医師のところへいきな
      され。病気の治すのは医師に限る。まず、病気を治し、体を丈夫にし
      て元気がピチピチと体じゅうにはちきれそうになってから、その上で座
      禅をしたければ、するがよかろう」

 ▼   言葉は八分にとどめて、あと二分は、むこうに考えさすぎょい。
      わかる者にはいわずとも わかる。
      わからぬ者には、いくらいってもわからない。

 ▼   仕事のうちで一番大切なことは、後継者を得ることと後継者に仕事を
     ひきつがしむる時期を選ぶことである。これがあらゆる仕事中の大仕事
     である。
     後継者が若いからといって、譲ることを躊躇するのは、おのれが死ぬと
     いうことを知らぬものだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  「名声への野望は賢者にとって、断念すべき最期のものである」
                   フブリュウス・タキトウス(ローマの歴史家

 なんていうか、家族ね……考えさせられます。いいものではないですね。
 なんでもがいろんな考えがあるから、とても 難しいけれど、人生 いろいろ
あるものですね。
 
 やはり、家族のなかは、敬意の心をお互いにもちたいものです。

 短歌

  陽ざしよく心がなんか温くなる家族の幸をいつも見守る
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽