おばあちゃんのひとりごと

Entries

感謝する。ありがたく思うことは非常に大事な態度だと思います。

 おはようございます。いつもありがとうございます。
 昨夜は、地震に驚きました。 「アッきた」「どうしよう」
なんて、どきりとするのです。でも 飛び出すこともなくなり、ぼーとし
てる。これで すんで ありがたい。そうして、思うのは……。
 子どもや孫のことを考え……てね。もう私が心配をかけているのにね。
 心配をかける立場になっているのに笑えますよね。
 地震 なにごともなく、ホッとしました……。ありがたい。
    
      こうして人で生まれ感謝

         ありがたい ありがたい
         日本人に生まれ
         日本はいい国
         そうして そこに気が付けることに感謝
         
         ありがたい ありがたい
         なんでもがありがたい
         そうやって 毎日を過ごすことで
         しあわせになるのです

 さあ 今日も楽しくいきたいわ。私の幸せの心を育てていくのです。          
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 森信三に学ぶ人間学          北尾吉孝 著より

価値ある生を生きる――人生観
ーーー省略ーーーー
 
 人生の意義を知るには、何よりもまずこのわが身自身が、今日ここに人間
として生を与えられていることに対して、感謝の念が起こらなければならぬと
思うのです。

 ところうが、我々はだれかに何かをしてもらって感謝することはあっても、人
間として生まれきたこと感謝することはあまりありません。それをどう考えれば
いいのか。先生は、この感謝の念というのは、お釈迦様がいわれた
  「人身うけがたし」
 という深い感懐からはじめて発してくるものだと述べられています。
 「人身うけがたし、今すでに受く」とお釈迦様はいわれてました。この言葉は、

 「人間として生まれることは難しいのにすでに我々は人間としての生を受け
ている。そういう奇蹟的な意味に気ずくことによって、人として生まれてきたこ
とに対する感謝の念が心の底から湧きあがってくる」

 というような意味にとらえればいいでしょう。

 さらにいえば、我々日本人は戦地に生まれたわけでもなく、飢えと寒さに、
苦しむ北朝鮮に生まれたわけではありません。平和な日本に生まれて、生ま
れながらに思想や宗教にの自由を保障されて日々の生活を謳歌しています。

 この幸せというというものをもう少し真剣に考えるべきですし、もっと感謝する
べきでしょう。

 そのうえで、日本人としてこの世界にどのように貢献していけるのかを考えな
くてはいけない。そういう意味で、
  感謝する。
  ありがたく思うということは非常に大事な態度だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 考えてみますと、色んな世界にある国々のなかで、日本はとてもいいj国で
ありがたいなと思うのです。 私が年を重ね、老いたから、余計に感謝の気持
ちが強くなってきたのも事実。。若いころは考えている暇もなく、走り続けてい
た気がします。もっと、早くに、色んなことに感謝出来る人でありたかったわ。
ふっふふ ふっふふ 何でもが過ぎて気がつくなんとやら……未熟でありました。   

    一度でも心から全身全霊をもって笑ったことのある人間は、
    救いがたいほどの悪人にはなれない。
                                  カーライル

     一度でも心から全身全霊をもって泣いたことのある人間は
     優しい愛情の深い思いやりのあるいい人になっている。
                          おばあちゃんのひとりごと

  短歌
 
   春の音なんだか感じ嬉しくていい一日にするのは自分

   桜咲くニュースをみては行った気に老いの一人はそれで満足

   幸せは自分の心なかにあるそれを知ったらいつも幸せ

   幼子を連れし若夫婦すれ違う心の中で「幸せにね」と

  
      
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽