おばあちゃんのひとりごと

Entries

一冊の本との出会い……から……小松茂美 文学博士  その一

 昨日はとてもいい一日でね。幸せ。バイオリンコンサートは素晴らしくて聴きほれ
てました。荻原尚子さま、ピアノがエルヴェ・ビヨーさまです。2時間とても幸せな時
間、その後、5人で楽しい食事とおいしいお酒タイム。しあわせ。
 友だちらと話し、飲み、わが家に2人泊り、まだまだ現役の二人、早朝 5時に帰
っていかれました。友だちって、ホントいいものです。幸せな気分です。

      あふれる幸せ

    しあわせとは
    なんだか知ってる
    なんにもないことが幸せ
    なあんにも感じてなくてもね
    その日々が幸せなの

    人って 可笑しいのよ
    平凡な生活 なんにもない
    その日々に あふれる幸せ
    その日々が とても 幸せだということを
    気がついていないのよね

    あたりまえの日々に
    あたりまえの中に
    その日々にある一番の幸せ
    そんな幸せに感謝し
    一日 一日を過ごしたしね

    ありがとう
    ありがたい
    うれしい
    楽しい
    感謝よね ありがとう
-----------------------------------------------------------
  教師のための
[話す心・話のたね]
                   沼田 泉著より

 一冊の本との出会い

 日曜日にテレビを見ていると、小松茂美さんとNНKのアナウンサーが対談
をしておられました。この方のことは、臼井吉見氏の著書で知っていたので興
味をもって聞きました。古文書の研究をされて、いくつもの学術書も出しておら
れる先生です。独学で研究してこられたというのです。

 広島生まれで、旧制中学校を出られた後、お父さんの勤めておられた国鉄
の広島駅の貨物係りをしていました。 そして原爆にあったのですが、奇蹟的
に助かりました。

 焼野が原になった広島でしたが、人々は復興に立ちあがりました。小松さん
も仕事についたのですが、本を読みたいと思うようになったのです。
 焼けた広島には一冊の本もなくなっていました。それ程本が好きだったわけ
でもなかったようですが、むしょうに読みたくなったのです。そのうち駅前の広
場に古本屋が新聞紙を敷いて店を出しました。小松さんは 早速かけつけて、
中味はどうでもよいからと思って読みでのある本を探したのです。 そこで見つ
けたのが、池田龜鑑と言う先生の 「古典の批判的処置に関する研究」 という
平安朝の文学の本でした。分厚い上に水をかぶっていたので膨れ上がって大
きな本でした。

 小松さんは家に持ち帰って、おどる心をおさえながらひっくり返してみました
が、何も分からない難ずかしそうな本なのです。これは 「土佐日記」 につい
ての学問的な理論を書いたものなのです。でも、あっちこっちと見ているうちに、
いくらかわかりょうになってそのうち面白くなってきました。夢中で読みおわった
のです。

ーーー次回に続きますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 なんか、不思議ですよね。導かれていくような感じがします。
 私は、なんにもできずに老いていました。本も満たされるように
あったというに、漫然と読んでいたのね。(苦笑)
 なんていうか、深く考えてね。目標を持てたらよかったでしょうね。

    人間は何事も自分の考えた通りになる。
    自分の自分に与えた暗示の通りになる。
    できないと思う者は出来ない。
    出来ると信念することは、
          どんなことでも出来る。
                      中村天風

     自分のことをもっと信用し、目標を持って
     向かって、いつもイメージして努力したら
     よかったかなぁ。老いてから気がついて
     いてはね。でも今からでもいいから、しっ  
     かりいきたい。 私に 出来そうなことを、
     一歩また一歩と いこう。
     まずは健康でシャンとしたい。
              おばあちゃんのひとりごと

 短歌

  いい日でね幸せなんだっふふふありがたくって今日が過ぎゆく

  手紙書く私に友は「いいことよ」とぼけないだってテレビで言ってた

  ひとりゆえ友がいろいろ案じてるありがたきかなそれも幸せ

 俳句

  しだれ梅新聞で見て満足す

  テレビから旅気分です春便り

  寂しさもひとり気楽も春癒す

 川柳

  おれおれの詐欺はあるけどわたしは無い

  美人の湯なぜかイケメンの湯ないなあ

  笑えてる頭の中は笑ってる

  
             
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽