おばあちゃんのひとりごと

Entries

彼らはちゃんと母なる地球の声に耳を傾け、その忠告に従って生きている。

 おはようございます。 いつもありがとうございます。
 夢を見て目が覚めました。
 亡き母が、子どもの頃 教えてくれたものです。 「怖い夢を見たら、
寝返りをすると忘れられるから…。追われて逃げられない時は、足
を伸ばす、足を曲げて寝てるから…明け方みた夢は叶うとか…」
 うっふふ うっふふ みんな 忘れてしまいましたが、今朝は好きな
スターとね。焼き肉を食べてる夢、嬉しくなっちゃいました。ふっふ。
 
 今日もまた寒いようですが、スターはいませんが、六人でランチする
のです。ちゃんと夢では、スターが笑顔でいたの、楽しくなっちゃいます。
 今年になって始めて会う友や、ときどき会う友やら 楽しみなひとときに
なりそうです。働いている人やら、ご主人を介護されてる人やらさまざま
です。旧い付き合いの仲間で、優しくて、気ごころがわかりあえていて、
こうして会うのは、ほんの1~2時間ほどなのですが、いいものです。

  私はいつもひとりの生活のせいか、脳の働きの悪さを感じているのでね。
みんなに声をかけて、2~3カ月に一度くらい、ランチするチャンスをつくるの
です。話を聞いているだけで、楽しいのですもの。千円ほどで、コーヒーまで
でるのです。 ゆっくりとみんなが 楽しめたらいいなぁ。
 朝から楽しい夢で幸せになっちゃいました。
 ありがたい。ありがたい。みんなにいい一日になるように。
 読んでくださいます皆さん いい一日になりますよ。楽しい日にね。
  
     坂村真民さまの 「詩」
       
          秘訣

          感謝の
          一呼吸
          一呼吸
          これが健康長寿
          幸福の秘訣
          みなさん
          これを身につけてください

  「おばあちゃんのひとりごと」
      自分のことなんだもん

      どんなことがあったって
      どんなことになったって
      なんともないのです
      
      ただ いつも 笑っているのです
      なんでもが どんなことでも いつかは
      通りすぎていく
      
      自分のことだから
      自分の心を 穏やかにして
      いつも いつも 笑っているの

      いつも ポジティブでいたい
--------------------------------------------------------------

到知    2015・1  続きです。

 虫の知らせ                酒井興喜夫

 ---続きーーーです。
 大気に包まれた地球の水分量はほぼ一定だと言われます。樹木
の逆止弁の位置が高い・つまり大地が乾いていると、逆に空は潤っ
ていることになり、後に大雪や大雨になると考えられます。 逆止弁
は最高積雪ギリギリに位置し、ここに産卵すれば卵嚢は雪から守ら
れる。カマキリは、この地球が発するメッセージを聞いていたのです。

 調査を続けていくと、カマキリの産卵が初めて観測されてほぼ90
日後に初雪が降ること、産卵の最盛期のほぼ90日後根雪になるこ
となどがハッキリしてきました。要するにカマキリの産卵が早ければ
冬の到来が早いということです。

 現在は測定器によって地球のメッセージともいうべき地中から伝わ
る七百ヘルツ以下の振動をキャッチし、それを更に周波数帯別に分
解、気圧や気温、風速などの情報を分析、三カ月先の天侯を予測し
地震や洪水などの発生を予知する研究を進めています。そこから、
2004年に新潟県を襲った中越地震をはじめ、県内の数々の大雨や
ゲリラ豪雨の予測が的中しました。

 この私の数十年におよぶ研究、調査を論文にまとめ発表したところ
1997年には国立長岡技術科学大学にて工学博士号を取得、日本
よりもむしろ海外で高く評価され、2002年には、アメリカで気象予測
装置の特許を取得するに到りました。気象予報は全くの 「ど素人」 
だった一電気屋がお客様のために始めた取り組みでしたが、多くの方
のご支援によって高い評価を得ることができ、本当に幸せな人生だと
思っています。

 ただこの研究はすべてカマキリをはじめとする大自然から教えてもらっ
たことでした。昆虫や動物、植物たちを見ていること、人間より長い間、
地球上で生き抜いてきた彼らのほうがはるかに上手だと感じることが少
なくありません。彼らはちゃんと母なる地球の声に耳を傾け、その忠告に
に従がって生きています。

私たち人間はどうでしょうか。 「蜂が川原に巣を作ると旱魃の恐れがあ
る」 などの先人の知恵を忘れ去り、コンピューターを駆使して「気象学」
などという学問にしていますが、その結果は昨今の自然災害の被害の
大きさが物語っているように思います。

 私たちはもっと謙虚に素直に地球の声に耳を傾け、動植物たちに学び
先人の残した知恵に頭を垂れるべきではないかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    人間の本当の正しさは、ちょっとした
    日常の挨拶や振舞にあらわれ、なん
    でもない行動に、案外、人間の内容
    やその背景を知ることができるもの
    です。
                   安岡正篤

  短歌
      笑ってる笑っていれば幸は来るそう信じてるそうなっている

      神社の桜が散りゆく花吹雪咲くを待ちわび散るをはかなむ
  
      幸ならば幸にも気ずけず不平不満困苦ならその中で幸を知り

 俳句

      良寛の庵の寒さふと思う

      桜開くニュースに魅かれうきうきす

      桜咲き去年も今年もまた桜散る

 川柳

      ひらひらと散る花びらや雪のよう

      甘党の亡舅の好物おはぎかな

      亡母の夢見たのに忘れ春の朝
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽