おばあちゃんのひとりごと

Entries

勤勉より怠惰へ、善より悪へと汚れがちな心に・・・・。 

 モネの睡蓮の絵を見ながらね、思っていたのです。 蓮と似ているけれど、
呼び名も花も違うようでもあり、似ているようでもあり、うーん こんな年になっ
ても知らなくてね、お恥ずかしいわ。 知らないことばかりのおばあちゃんです。
 それでこの蓮の花のを読みつつ、辞書で見てみましたら……

  睡蓮ーーーひつじぐさ科の多年草。水中に沈んで葉だけを水上に浮かべる。
         七・八月ごろ、紅(白)色、はすに似た花を開く。


  はすーーーひつじくさ科の多年草。 池・沼に栽培され、夏、うす紅色(白色)
         で大形の美しい花を開く。 地下茎・種・若葉は食用、実(ミ)は
         漢方薬用。はちす。

 写真のブログでときどき美しいはすの写真ブログを見せていただき、息をのみ
ます。うつくしいですものね。 なんか不思議。 水田の中は蓮根がある。? 

       はすの花咲くときに

    蓮の花が早朝に咲くときに
    「・・・」 音がすると何かに書かれていた
    それが不思議で・・・

    でも また 何かの本で
    音なんかしない……と書かれていた
    なんか 微妙でね

    まぁ どっちでもいいか ってね
    思うのよ 聞こえた人には
    仏さまがお話になられたと思えばいい

    聞こえない人には
    静かに 耳を澄ましてね 無言も
    仏の教えと思えばいいかぁと思うの

    はすの美しさを見て
    心を清らかにしたいもの
    黙って 手を合わせましょう

--------------------------------------------------------
  喜び上手          松平實胤 著より

 観音さまの心
  泥田に蓮
 父の実家は、純農村地帯である愛知県海部郡のとある村にあった。
そこは水田はもちろんのこと、蓮田も多く、蓮根は特産品であった。お
盆のころに訪ねると、泥田から蓮が人の背丈ほどの茎を伸ばし、その
頂にふっくらとした大きな蕾やら、淡い紅色の花をつけて、見事なまで
に咲き匂い、子ども心にも清楚で美しいとおもったものである。
 蓮は花を開くと、なかは蜂の巣状になっており(ハスは「ハチス」の
略ともいう)、すでにその穴の中に果実が見える。 花びらが散って花
が終わったものから、その実をくりぬいて、食べ歩くのも私たち子ども
の楽しみのひとつであった。
 秋から冬にかけての蓮根の収穫期に訪ねたこともある。お百姓さん
が花のない泥田に身を沈め、まさに 「泥んこ」 になって仕事をされ
ている姿を見て、そんな泥田の風景に、生活の糧を得るということの
現実を見る思いがして驚いたものであった。

 仏性という花を咲かせよ
 
 さて、仏さまがお坐りになっておられる場所が蓮の花の上だと知
つたのは、中学に入ってからのことであった。遠足で奈良いかるが
の法隆寺を訪ね、そのことに気ずいたのである。
 その仏さまは奇妙な台座に坐っておられた。私がそれまで知って
いた仏さまは、いつもどっしりとした台座に坐っておられたが、そこで
出会った仏さまは、ちょうど蓮池から茎がにゅうっと伸びて、蓮が花を
開いた、その上に坐っておいでになるようなお姿だった。 それまで見
慣れていた仏さまの坐も、じつは蓮の花であって、茎の部分がよくわ
からないだけであったのかと、大きな発見したような誇らしい気分にな
ったことを思い出す。
 ではなぜ、仏さまは蓮の花に坐っておいでになるのだろうか?
 いやじつは、坐っておられるのではなく、まさに蓮の花から生まれで
られたお姿ではないかと私は思う。
 蓮の花は泥の中から茎をのばすが、浄らかな花弁を開く。決して泥
に染まらない。 また蓮は、蕾のうちにすでに蜂巣があらわれて実を
蔵する。まさに転迷開悟、仏さまの象徴といえる。
 仏さまは蓮の花にお坐りになって、自らそのお姿で、私たちに次のよ
うに教えてくださっているのではなかろうか。

ーーー人は汚れ多き世界にあって、苦しみ、悩みにさいなまれつつ生
きているが、じつは、誰でも、仏になるために生まれてきたのだよ。 
誰でも本来、清浄なる仏になる可能性、すなわち仏性という花を咲かせ
成仏という実を実らせる可能性を持っているのだからね。 それに気ずか
ず一生を終える人の、何と多いことか。 早くそれに気ずいて、わたしの
ように仏と呼ばれる道を目指せ。
 病を癒す薬師如来が薬壺を持するがごとく、観世音菩薩はよく蓮の花
を手にしておられる。 勤勉より怠惰へ、善より悪へと走る汚れがちなわ
れわれの心を、何とか清浄にし、本来の機能を発揮させてやろうという
お気持ちのあらわれであろう。
 私もきょうから仏さまのごとく、蓮から生まれたつもりで生きてみようと
思うのだが、さて……?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ゴールデンウイークも、あと一日。よい日をね。
  楽しんでください。 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽