おばあちゃんのひとりごと

Entries

99%の汗が実るのは、1%の閃きを大切にしたときなのだ。  エジソンの言葉

 昨日は友人3人で会って、話しているとね。 可笑しいのよ。
 性格が出てて楽しい。高価な化粧品を買う友がね、化粧品買う。
 「高いなぁ」 といいながら・・・。 買う友に、笑えてね。らしいなぁ。
 「まけてよ。 試供品頂戴よ・・・」 といってる。 アッハ アツハ。
 「ある人(裕福)が何言っているの?」 と、笑えて言う私。
 そんな高い化粧品なんか、買う気もない、買えない私、うっふふ。
 そんな試供品くれても、いらない私。 性格の差に笑えて・・・。
 みんな生活レベルがいろいろな我が友人、それぞれで面白い。

 笑えてね。言いたいことを言いつつ、別れ帰る道・・・。裏通りゆくなか、
ママと 小さいかわいい男の子が散歩していた。
 小さい子どもに、手を振ったら、嬉しそうに手を振り可愛いもので、ま
だ2歳くらいなんだけど、「タッァ・・・」 ってやるので、たぶん 「タッチ」
かなぁと思い手を合わせたら、・・・そうでした。 嬉しそうなその子と手で
タッチしたら、お母さんがニコニコ笑っておられました。
  ヨチヨチ歩かせておられたのです。 なんか心が、
ほのぼのとしました。  

    この子の未来に幸あれ

       ママと散歩している
       小さいい子
       ヨチヨチ歩き
       転んじゃった
      
       泣いてたんだけど
       「あらら いい子ね」
       「ひとりで起きれるかな」って 言ったら
       じっと私を 見ていてね 
       
       ちゃんと 立ったのよ 笑った
       お母さんが そおっと 私に
       「ありがとう」 って
       笑っておられた
      
       立派 育つよ って
       心の中で 心で話しかけた 
       そして手を振って 振り返り 振りかえり
       バイバイした ほんの一瞬のこと

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 壁をぶち破る 「天才の100の言葉」        山口智司 著より

 「99%の汗ばかり強調されている・・・・・・   
  99%の汗が実るのは、
  1%の閃きを大切にしたときなのだ」
            --エジソン{発明家}
 トーマス・エジソンは、電球や蓄音機の生みの親として知られている発明王。
 電信技士としてアメリカ中を転々とした後、自分の研究所を設立、「睡眠時間
を減らせば能力は増大する」 というモットーを元に、エジソンはほとんど毎日、
仮眠しかとらず研究に打ち込んだ。 生涯で発明した数は約1300とも言われ
ている。
 アインシュタインと並んで 「天才」 の代名詞とされるエジソンだが、何といっ
ても有名な言葉はこれだろう。

 「天才とは、1%の閃きと99%の汗である」

 この名言は到るところで引用され、マスコミによって広く人々に浸透することに
なった。 だが、その反響ぶりに戸惑ったが、他ならぬ発信者のエジソンだった。
「私の言葉が誤解されてしまったようだ」 として、自ら真意を説明したのがこの
言葉。
 なによりも直感、ひらめきを大事にした天才エジソン。 「努力」 「勤勉さ」 だ
けがクローズアップされることに違和感を覚えずにはいられなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 さあ、今日はなんにもない一日。 どうしましょう。 何をしようかなぁ。
 いい閃きがほしい。 うっふふ ふふ。 そしたら 努力するのに。あーあ。

  短歌

     ひとりゆえひとり悩みてひとり泣く春の雨空ひとり見あぐる
     寂しくてなけるときもあるだけど我幸せなのよきっとね思う
     いつも我笑えてくるの人生をバラ色だと思いたいのよ
     自分がね幸と思えることがいい何よりの幸いい人生だ
     さようならと友と別れを告げた後あなたの背が語る寂しさ

  俳句

     春うらら懐かしくなる荒れる日は
     川浮かぶ心華やぐ花筏
     寂しさを思う我です桜散る
     会う友と会えない友や桜散る
     公園の桜散りゆく子ら遊ぶ
   
   川柳

     疲れてて遊び歩いて愚痴ってる
     太りゆくあれれどうするやせたいな
     老いてなをお世辞もいえずただ老いる
     優しさにある意地悪さふと感ず
     ふっふふと笑ってばかりそれがいい
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽