おばあちゃんのひとりごと

Entries

自分が欠点を持つように他人にも欠点があります。

      上手なあいずちは、人の心の真実を
      汲み出す誘い水である。
                      吉川英治

 上手なあいずちね。 ホント なかなかできそうなのに、聞く優しい心が
心のゆとりが大切よね。

 若き日、色んな経験をしたものです。 そして泣いたものです。 人と
のおつきあいでは、特にね。 お世辞がない私。 だから……苦労した。

 論語にあるのだけれど……。「巧言令色・・・」
 それを読みつつ、まぁいいか。世辞なくても?
 
 いろんな目にあい少しずつ、上手くなりましたが、大事なことは、相手
のいいところばかりみる。 嫌な言葉やいろいろを 「見ざる、聞かざる、
言わざる」 がいい……。 お世辞などは,今も まだ できない。
. 嫌なところは見ない。 とてもいいよ。
 そうするとね。腹が立ったり 「なんで? どうしてなの?なぜなの?、
なんでどうしてこうなるの?」 ……。 
 だから、いいところだけを見て、嫌なことを言われたりされても気にせ
ずに、相手の良いところだけみていると、いいものです。 だって みん
ないい人になるもの。 ちょっとした努力。 嫌だと言うところが見えなく
なってくる。
 だって自分も相手にとって嫌なところあると思うしね。 

 昨日の続きね。 信じるのは自分だけ、 所詮は自分ですよね。
 それって一番に 大事なこと。 そこから始まるのよね。
 信じられなくて、味方なんて、いないと思える時もあるものです。
  
 そうやって 生きていくんだと思うわ。
 年を重ねるごとに立場が変わってくるだから、老いてくると、自分が若
いときにされて嫌と思った時のことをしないし、ちゃんといいところだけを
みられるし、自分が味わった嫌なことをしないようになっている。老い。
 
 だから かもね。 年を重ねてる。それはとてもいいことだなぁと感じるの。

 そうやっていくと、自然に心地よい関係がきずけるものね。
 すべてになんでもが 自然体になっていけますもの。 
 
  嫌なところは気にしない
    
    へんなこといわれたって
    へんなことされたって
    なんだっていいや
    その人のいいところ
    それだけを見てる 聞いてる

    相手にとってきっと 私の
    気に入らないところがあると思うし
    だから わたしの
    嫌なところは消して下さい……
    お互いに嫌なことは消そうよ
    心の中で いつもそう願ってたの

    どこまでいってもが どうにもならない
    平行線の世界で寂しいけれど
    この世の中 そういうものよね
    相手のいいところだけを見てる
    そうしたい 自分がラクだから
    嫌なところは 目をつぶるがいい

  いい人と見るの いいところだけを見ていく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
魂を揺さぶる     浜松医科大学名誉教授
 禅の名言            高田明和 著より

 ●人は良い点だけ見てつきあおう
 人にはすべて能不能あり
                    山岡鉄舟
 山岡鉄舟の持論 「自分でやってゆけない者だけ面倒みる。 自分
でやっていける人に手を出す必要はない」 というものでした。
 小倉鉄樹さんは鉄舟の弟子で、日本画家で文化勲章をもらった小倉
遊亀さんのご主人でしたが、鉄舟のことを俺の師匠と呼んで、数々の、
逸話を記録しています。
 彼は鉄舟のこの言葉を継いで 「不遇の者を救ってやるのがほんとう
の救いだ。 順境にある者は、面倒を見なくても、ひとりでに伸びる」 と
書いています。 さらに 「俺の師匠のところへは、実によく屑が集まっ
てきたもんだった。 英雄はぼろっ買ひだといふが、よくもあんなにぼろ
ばかり集めて平気でいたもんだと思ふ。 勝海舟が山岡の家を化物屋
敷だといっていたが、さすがの勝にも山岡が睥睨しきれなかったのであ
る。 こんな屑を師匠は少しも嫌な顔をせず、一人々々、とにかく身のふ
り方をつけてやったんだからね。偉いもんだったよ」 と述べています。

 人間はさまざまな能力があります。 からっきしだめなところもあるでし
ょうが良い点だけを見てつきあうことが大事です。 鉄舟は剣の修行に
ついて、師匠の良い点のみを取り入れればよい、悪い点に目がゆくとけ
っして上達しないと言ってます。

 これは友人、知人の関係でも同じです。 自分が欠点を持つように他
人にも欠点があるのです。 悪い点のみに目を奪われず、良い点を見て
つきあう。 これが人間関係のこつでしょう。
 
 私たちはどうしても、つきあう人に完璧を求め、少し打算があつたり、
嫌な面を見たりすると急に嫌いになったり、つきあいをやめたり、疑いな
がらつきあったりしがちです。 しかし、人には能不能あり、です。
 良いところ向いているところと、悪いところ向いていないところの両方
を兼ね備えているのが人間なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    私はこれまで世界中のさまざまな大人物に会ってきたが
    人に賞められて働くよりは、人に叱られて働いた方がよい
    仕事ができる。 そういう人間には、まだ会ったことがない。
                         チャールズ・シュウォブ 

  短歌

     疲れたなひとりごと言う誰もいずドアがギィッと開く亡夫が来たか
     なんでもを勝手に想像生きている亡夫よいまの我どう思ってる
     静かなる春の夜です静かすぎちょっと寂しリベルタンゴ聴く

  俳句

     花水木好きで眺めて飽きもせず
     バス停に待つ間そよ風ここち良い
     歩いたら汗ばむ春のいい陽気

  川柳

     元気よく前向きもときに落ち込みて
     楽しんで老いの一人を頑張るぞ
     神仏にポックリ逝きたいよろしくと 
 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽