おばあちゃんのひとりごと

Entries

「どうかしっかり生きておくれよ。生きておくれよ」

 生きているということは、徐々に生まれることである。
                       サン・テグジュべり 

 梅雨らしい朝、よく降っています。アジサイがさぞ喜んでいることでしょう。
 アジサイの別名は{七変化) とテレビで言っていました。 昨夜も眠れず
薬をたより、CDをかけて眠りました。 よく眠りました。朝雨がよく降っていました。


       しあわせ

     いのちがあり 
     何よりありがたいことは
     生きている 
     生きていてくれる
     
     家族みんな
     親戚や友人らみんな 
     みんなが生きている
     生かさせていただいてる
     
     私の一番の幸せ 誰にとっても一番幸せ
     自然 この世のすべて
     せいいっぱい生きてる 
     その大切なすべてが生きててくれる
          
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2009・3  「到知」  人間学のを学ぶ月刊誌より
 特集 賜生

 東井義雄著 「自分を育てるのは自分」 以前にも本欄で紹介した
ことがある。 特に宣伝したわけげもないのに、この本が根強い売れ
行きを見せている。 東井さんのひたすらなメッセ―ジが十代の心を
打つのだろう。 全国の小・中・高生に読んでもらいたい本である。
 この本で東井さんが一貫して説いているのは、賜生である。 Hさん
という死刑囚を取り上げ、こう語りかける。

 <皆さん、今朝目が覚めてから何回呼吸したんですか。
 わからんくらい息している・・・・・・夜も、お昼も、日曜も、祭日も、
 「どうかしっかり生きておくれよ、生きておくれよ」 と、
 皆さんが寝ている最中も、皆さんのために働き続けてくれている
 「働き」 があるんですね。
 胸のドキドキ、これがとまっている人はいませんか。
 夜も昼も、日曜も祭日も、
 「どうかしっかり生きておくれよ。生きておくれよ」 と、
 皆さんのために、一生懸命働き続けているんですね。
 Hさんは牢屋の中で、そのことに目覚めさせていただいたんです>

 呼吸も心臓の鼓動も、自分の意思でしているわけではない。 食べた
ものを消化、吸収し、不要なものを排除してくれる内臓の働きも、血液を
全身に循環させる働きも、私たちの意思ではない。 目に見えない偉大
な働きによって、私たちの命はいまここにある。

 そもそも、自分の意思でこの世に生まれてきた人は一人もいない。
 人は皆、何かしらない力によってこの世に生みだされてくる。賜った命
であり、人生である。

 この地上の生命は、人も動物も植物も、すべて細胞からできているーー
この細胞説が発表されたのは、1838年、いまから170年前である。
 シュライデンとシュワンという二人の学者によるこの研究は、当時の生物
学者を狂喜させた。 これでいよいよ生命の不思議が解ける、と思ったのだ。 
しかし、現代科学をもってしても、未だに一つの細胞も割り出すことはできな
い。

 遺伝子研究の第一人者、村上和雄教授によると、宇宙に細胞が一個偶然
に生まれる確立は、毎回宝くじを買って一億円が百万回連続当たるくらいの
とんでもない希少さだという。 そういう希少な細胞が60兆も集まり、調和し
ているのが私たちの生命なのである。

 一つの感慨が浮かび上がっtてくる。 自分の体、自分の命は自分のもの、
と私たちは思っている。 だが、すべては天地から借り受けたものならば、粗
末にせず、その価値を十分に発揮させ、時期がきたらお返しする。 それこそ
、が天地の心にかなう生き方であろう。

 天地から賜った自分という人格を年とともに成熟させ、もっとも完熟した形で
生を終えるーーーそういう人生を歩みたいものである。

 「神仏から喜んでもらえるほど心が育っているか。 宇宙は限りないめぐみ
の海である。 狭い利己主義の目では見えない」
 ある先達の言葉である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  短歌

    「あちこちを検査してるの」友からの電話の声が不安そうなり

  俳句

    大荒れの梅雨降り出して雨も怖し

  川柳

    怖くなるつぎつぎ起きる事件・事故・
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽