おばあちゃんのひとりごと

Entries

教育を受ける目的はその問いかけに答えることだ。・・・・江崎玲於奈氏

 若さが重要であり、若い人の創造性が大事だということを特に、強調
したい。
 人生何をなすべきか、どんな才能を自分は持っているか、自分の使命
は何か。 教育を受ける目的はこうした問いかけに答えることだ。
            江崎玲於奈(読売新聞27・6・18基調講演の一部)
 
 はっとさせられるのです。 私は気が付いたら老いていました。

問いかけさえも浮かばない日々を過ごし、才能があるだか、ないのだか
も考える事も知らず、やっと考えることができるようになったら、すっかりと
老いていました。 これも一生ですもの。 若い皆さまは、その若さを喜び
この問いかけを自分にしてみて、どうぞファイティン。

    せっかくの若さ

   若いって とっても いいもの
   花がいっぱい咲きはじめる
   いろいろなことに 初挑戦できて
   勇気を持って 夢にむかえるもの

   学び 学んで 学んでいけば
   きっと自分にいいものが見つかる
   自分の好きな事が見つけ 才能を磨く
   努力から  無限にひろがる未来

   若いというその素晴らしい日々を感じて知る
   そのことに ひらめかして ひらめいて見て
   若さにある素晴らしさ 今がいいことを知って
   何かを のばし 継続、し続けることです

   楽しんで、未来へのステップを・・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事実の核心                柳田邦男 著より

 特殊学級児童 「体罰」 死の背景
 高校時代の級友に、勉強熱心で読書家のK君がいた。
 K君は左耳が不自由なため、人の話を聞くときは、右耳をやや前に向け
ることがk多かった。とくに授業中に教師の話を聞くときがそうだった
 とこるうが、右耳を前に向けて教師の話を聞いていると、いつの間にか上
半身が斜めに構えたような姿勢になってくる。
 K君がそういう姿勢をしていても、級友たちは気にしなかったが、あるとき、
教師が突然、、「K」 と怒鳴りつけるや、
 「授業中に先生の話を半身に構えたような姿勢できくのは、生意気だ」
 と感情をむき出しにして、K君を叱責した。
 K君は一言も弁明することなく、姿勢をただした。

 教師の剣幕が激しかったので、私を含め誰独りとして、教師にK君の事情
を説明しようとしなかった。
 教師は私たちの担任ではなかったから、K君が左耳難聴で苦労をしている
ことを知らなかったのだろうか。 生徒の側にすれば <教師が知らないです
むのか> と、割り切れない気持ちになったものである。
ーーー省略ーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 これを読んでいますと、せつなくて苦しくて悲しいですね。 多くの涙。
 知らないうちに、人を傷つけていることが あるのが気がつかされます。
 そして作今の介護施設によるいろいろ、泣けてきます。 

 短歌

     楽しみも寂しさもまたほどほどでありがたきかな老いの日々行く

 俳句
 
     カァカァとカラスは何処へ夏の夕

 川柳

     ひとりごと疲れましたわお疲れさん 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽