おばあちゃんのひとりごと

Entries

「あなたは一番大事な宝物。 あなたがいてくれるからお母さんは頑張れるの」

嫌いなことはくたびれるが、好きなことをするのはくたびれない。
                                淡谷のり子

 今日は一日、朝から出掛け夕方まで遊んできましたが、好きなこと
なのに、疲れました。 東京からの友人と、もうひとりと三人でコーヒ
ータイムし、ランチしましてね。 いろんな話がいっぱいできて楽しか
ったわ。 お年は私より上ですが、、いつも溌剌と颯爽とされ魅力的。
 東京へすぐ帰られるとのことでおわかれし、私はひとりでバスでね。
 能楽堂 に 「能」 を鑑賞しにね。 友人がチケットを下さいましたので、
「能」って、 ボーとして時間が止まってる感じが好き。 笛や太鼓や鼓やら
お囃子というか、なんともいえないほどにいい。 言葉とか わからないのよ。
「よお」「やぁ」 太鼓や鼓、笛。内容も わけわからないけど好きなひととき。
 友人と、不思議と、偶然 お会いできてね。 ありがたい。ありがたい・。
 終わって、帰りバスに乗ったら、反対周りだった。、40分ほどかかり戻って
しまいがっくりしつつも バスでドライブ。 そう思うことにして、初めて通った
ところばかりなので、楽しむことにしたの。 運転手さんもビックリでしょうね。
私だけなんですもの。 初めから終点までは?2駅か駅で付くのを・・・・。
 途中で、もう分かったけど、あきらめたわ。 ドライブも 最近 したことないし
 「バスドライヴ」 外はまだ、明るいからいいけど、冬だったら真っ暗よね。
 それから、また歩いて30分ほどで、やっと家。 いい運動。脳にも体にも、
 あーあ、わたしらしいんです。 ボケています。 疲れました。
        
        あわてない

     なんだって ゆっくりいこう
     まちがったっていい
     きっと それがいいんだよ
     そう 思うことだ
     それが いいんだって思う
     失敗と言うよりも
     そうしたがいいんだ なあ
     あわてなくていい ゆっくり ゆっくりだ
-------------------------------------------------
2009・3 人間学を学ぶ月刊誌
 到知 {到知の読者の集い} より
美しい日本の心コンサート
                        ソプラノ歌手 森敬恵
 私はいまから十数年前に神戸で起きた猟奇的殺人事件で、どうしてあの
少年は自分が悪いことをした、と言えないんだろうと、当時非常に不思議に
思いました。 その後も様々な少年少女による凶悪事件が起こりましたが、
意外にも当人たちは自分のしたことがよくわからないと言うのです。 その
判断力のない脳というのはいったいどのように生まれてきたのでしょうか。
 子供の脳が根幹をつくる時期、目には見えないけれど大切な人間の波動
というものを、親からもらえるか否かが、その子の将来を決めてしまうといい
ます。 お母さんが、「あなたは一番大事な宝物。 あなたがいてくれるから
お母さんはがんばれるの」 と語りかけてあげること。 これは幼少期のほん
のわずかな期間でいいのです。 生まれて僅かな期間、お母さんの語りかけ
で伝わる波動を受けられれば、赤ちゃんはその後絶対に道に迷わないだろう
と思います。 もしその期間に、童謡、唱歌や優しい語りかけがあつたら、子供
はその波動の中から自分の立ち位置というものを見つけるでしょう。 逆に、年
端もいかない、やっと歩き始めた赤ちゃんを英語教育の学校に通わせて中途
半端な英語を注ぎこむと子供の頭は混乱してしまうだけです。
 ある大学の先生が、ご自分が英語で苦労したことから、子供bには苦労させ
ないようにと、生まれてからずっとテレビを使って英語ばかり聞かせたそうです。
 さてその子は英語がしゃべれるよになったでしょうか。 残念ながら知的障害
のようになってしまったのです。 日本語はおろか英語もしゃべれなくなってしま
いました。
 ですから、まずは子どもに温かい愛情をたくさん注ぎこんで上げることが必要
です。 そしてある程度たってから英語を勉強させればよいのではないでしょうか。
 これからの日本をになう子供たちを育てるには、何よりもまず心を育てることです。
 そのために童謡や唱歌を、もう一度おうちの中で語ってり、歌ったりしてほしい。
ニ千人の高校生に「江戸の子守唄」 を知っているか聞いても、わずかしかしか知
らないのが現状なのです。 特に唱歌は世界に類を見ない。、日本にだけ育くまれ
たジャンルだということは後存jでしょうか。 本居長世先生という 「七つの子」 を
創られた作曲家が世界中を旅して、子供の歌を集めたそうです。 その中で、唱歌
のような音楽のジャンルを見つけることはついぞできなかった。 日本にだけ唱歌と
いう、子供の心を育む音楽のジャンルが確立しているのです。 ですから、子供た
ちには、しっかりと童謡に触れさせ唱歌を歌ってあげれば、自分の立ち位置を失う
こともなくなり、秋葉原のような事件が起こることもなくなると思います。
 私たちはもう一度、日本で生きまれてきた大切な心や日本の伝統文化を見直す
べく、次世代を担う子供のために尽くしていくべきだと考えています。 アインシュタ
イン先生が、人は何のために生きるのですか、と聞かれた時に、

 「人は人のために、自分以外の人の為に生きるんだよ」

 と、ですから次世代の子供たちを守るため、ひいては日本を守るために、国民一人
ひとりがたちあがっていただきたい。
ーーー要約抜粋 文責・編集部ーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

  伝統の能舞台見て素晴らしく太鼓や鼓や笛に魅了され

 俳句

  夏祭りにぎやかな声につい魅かれ

 川柳

  ボケたかな間違いきずくもカラ回り
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽