おばあちゃんのひとりごと

Entries

健康長寿を望むなら、何から、何まで、いつ、何時でも、苦を楽にする工夫をする・・・

 知識ではなく、その人の体全体から滲みでる味わいでその人物
がわかる。 また、そういう人にならなければなりません。
                            京大元総長 平澤興


 今日も暑い一日です。 昨日ラクをしましたので、今日はうんと歩き
ました。 汗が出て陽ざしが強くて、ふうふうですが、ときに自分に厳
しくしないとね。 そう考えて、街を行くと、大勢の人がおられ、見てい
るだけで、楽しいものです。 ありがたい。ありがたい。 こうして元気
に気の向くままに動け、そして、何でもに感謝出来る自分の心が嬉し
いのです。 元気に、過ごせました。 神仏に感謝です。

    我儘なんだな

     人間だもん
     ついつい勝手なことばかり
     考えてしまう

     暑ければ涼しいがいい
     疲れたら休みたい
     ああいったら こういってほしい

     我儘になっている
     つい傲慢になっている
     いけないなぁ

     ただ そばにいるだけで 
     それだけで 周りがホッとする
     そんな人になれたらいいなぁ
 ---------------------------------------------------------
2009・3   人間学を学ぶ月刊誌「到知」 
 一人で楽しむ楽しみ    経営評論家
                       井原隆一
 {有益な楽しみ、有害な楽しみ}
 聖人孔子は 「論語」 で、益者三楽、損者三楽として、次のように
説明している。
 有益な楽しみとして、
     礼や楽をリズミカルに行う楽しみ、
     人の美点を吹聴する楽しみ、
     良友を多く持つ楽しみ
 の三点を挙げ、

 楽しみだが有害なものとして、
     わがままに振る舞う楽しみ、
     怠けて過ごす楽しみ、
     酒色にふける楽しみ
 の三つを挙げている。
 
私自身の体験からしても言えることで、若い頃尺八演奏を楽しみとし、
紋付羽織、袴の正装で、琴、三味線とともに三曲合奏の演奏会にも出
席したが、若い美女と共にしたせいであっだろうが、借金の苦労も、浅
学、下積み人間の劣等感なども、一度に吹き飛んでしまうほどの強い
楽しみをあじわったものである。
 ---省略ーーーー
 {天の世に遅刻はない}
 人間、健康長寿を望むなら、何から何まで、いつ、何時でも、

 苦を楽にする工夫をこらしたいもの。 

  この知恵は天地神仏も授けてはくれないが健康長寿でありたいと思う
自分の心が授けてくれるもの、この点 私は幸せであった。
 それは若い頃の、”学なし、地位なし、カネもなし、頭髪もなければ青
春もなし” 五無才が苦を楽に変える知恵を授けてくれるからである。

  作家 魯迅は、”一度苦労すれば長く楽ができる、という言葉があるが、
その事実は究めて少ない” と述べているが、私は五無才の体験を一度
にさせられたため、七十一歳の現役引退後から百歳近くの今日まで何一
つの不自由、不満も感じない生活。

 ただ一つ淋しさを感ずるのは、現職時代に机を並べ苦楽を共にした人た
ちが永遠の旅に出てしまったということである。
――ー省略ーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   小さい子がママと手を繋ぎ歩いてるそんな昔をふと懐かしむ

 俳句

   この暑さふうふう本番まだ先だ

 川柳

   オリンピック日本も不安になってきた

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽