おばあちゃんのひとりごと

Entries

大人が一緒にそばにいることによって、子どもが大人から学びとる。

 教育において第一になすべきことは、道徳を教えることではなく
 人生が楽しいということを体に、覚え込ませてやることなのである。
                                 永井 均

 七月にはいったと思っているうちに、今日はもう五日です。 明日は
CT予約がしてありますので、病院に行くのですが診察券がいくらどう
探しても見つからず、この脳の悪さにがっくりし、必ずしまってあるとこ
ろにないのは、もうその病院は行かないと思い捨てたんだなぁ・・・・。
あーあ、と、ため息です。

        赤ちゃんに思う

     あかちゃんって かわいい
     かわいい 眠っていない時は
     何を思っているんだろうなぁ
     ベビーカーで 寝かされて
     シートがすっぽりで 見えない 
  
     空も見えないだろうなぁ
     人が歩いているのも知らないかも
     みんなの 声を聞いて 笑顔にあい
     いっぱい 感じられたらいいなぁ
     起きていたら 楽しいだろうにな

     なんでもを いっぱい見て
     眼を輝かせ 楽しいだろうな
     赤ちゃんが 喜ぶように
     いっぱい 話してあげたいな 
     赤ちゃんをみるとそう思うんだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 子育てのこころ         盛永宗興 著より

 {学習とは子ども中心にあるもの} 
 けれども、本能の部分、そして学習する部分というこのふたつの部分が、
どのようになっているかといいますと、学習ということは、あくまで、 「子ど
もが中心になって学習する」 ということなのです。 親のほうが教えこもう
とするのではなく、子どもはみずからのきわめて強力な力(もともと持って
生まれた力)でもって、学習していくのです。
 つまり、本能というもののなかには、「学習本能」 があるのです。 先に
ふれたように、本能だけで生きるというのは、「持って生まれたものだけで
死ぬまでやっていく」 ことで、一方、学習する動物はというのは、、「学習
本能も一緒にあって、生まれたとき持っていた能力以上のものを、そこに
ふくらましていくことができる」 ものなのです。

 お経を読んだあとに唱える御回向のなかに 「種智を円にせんことを」 と
いう言葉があります。
 「種智」 というのは、「智慧の種」 です。仏教では、

 「総てのものは仏さまと寸分ちがわない智慧徳相を持っている」

 と教えています。けれども、ここでいう智慧というのは、種智です。 「智慧
の種」 というのですから、これは、育てなければなんにもなりません。 種
の状態のままでは、どうしようもないもので、育てていかなければならない
その育つ種を子どもは持っているのです。

 しかし、それを 「いろいろな教育を大人がしていくのだ」 というふうに考
えるのはまちがいで、子どもと一緒に大人がいることによって、その大人か
ら、「子どもは主体的に学びとっていく」 のだ、そういう力を子どもは本来も
っているのだーーーーこういう風にw二あたしは見ています。

 じかし、このことを子どもが本来ちゃんとした人格を持っているというふうに
考えて、完全に自然主義というか、放任主義というか、子どものしたいよう
に放っておくというのは大変なまちがいです。 といって逆に自分が子ども
をなんとかしなくちゃいけないと考えることも、たいへんなまちがいなのです。
 これがいわゆる、過保護と過干渉とかいう考えかたになるからです。

 大人が一緒にそばにいることによって、大人が教え込むのではなく、子ど
もが大人から学びとるという、こういうかたちで種が育っていくのだと私は思
っています。
 
 こうなると、そばにいる大人が問題になるわけです。 教育技術だとか、何
を教えるのかとか、どういう方法で遊ばせるのかとか、そういったいろいろな
問題もあるでしょうが、それ以上に大切なのは、

 「その子どものそばに、どのような考えかたで、どのような生き方をした人
間がいたか」 が問題になってくるのです。
 つまり、子どもを育てることの技術以前の問題として、育てる者が人間とし
てどのような生き方をしたか、また、どのような人であったかが問題になって
くるのです。
 このことが」いまのテーマsの要点であって、これからの話の意味を曖昧に
しないために、これだけの前提をはっきりわかってほしいと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   我が子には何も教えず育ってた親になれぬまま育ってくれた

 俳句

  人混みに浴衣姿の若い娘ら

 川柳

  ギリシャのニュース見ながらひとりごと
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽