おばあちゃんのひとりごと

Entries

言葉と人との邂逅

今日は電車のなかで楽しいことがありました。若いママと4歳という可愛い女の子とまだ小さい男の子が私を見てニコニコしてタッチしにきたのです。ママの隣に座らず「おばあちゃんの隣に座る」と言ってね。20分ほどでしたが。心がほのぼのとし嬉しいひとときでした。お寺参りの帰りできっと心が穏やかで幼児にはちゃんと通じるのでしょうね。やはり目には見えない何か不思議な微妙な力を感じた出来ごとでした。心を明るくさせてくれた出会いでした。子どもって素晴らしい。ひとつまた一つ覚えて賢くなる幼いこども、老いた私は一つまたひとつが出来なくなる日々なのです。色んな人との出会い。ホンのちょつとの出会いもいいものですね。言葉との出会いもいいもので、たった一言で生き返ることもあり、たった一言で傷つけてしまうこともあるものです。大事な事はなんなんでしょうね。きっと読んで下さる皆様の方がおくわしでしようね。私は老いてしまいました。






       子ども叱るな来た道じゃ
          年より嗤ふないく道じゃ




ホントにこうして自分が老いてみて、馬鹿な自分に呆れ笑えるのです。昔 お年寄りを見ながらなんでこんなことが分からないの、どうして忘れるのと思っていたことが今 同じことをしている自分がいるのです。こうしてその年になって気がつくアホなわたしなのです。

       振り返れば若き日は夢過ぎゆきて亡父母の愛今も我が身支えり     

       ひさびさに亡き父ははの夢を見る伝えたい何かがあるのだろうか
       
      
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽