おばあちゃんのひとりごと

Entries

今夜のお月さまのきれいなこと、つい手を合わせ拝むのです。

 世にもっとも美しいものは、言論の自由である。
               ディオゲネス (ギリシヤの哲学者)

 夕方、散歩に出たらご近所さんに、お会いしました。 とてもお痩せ
になられて、つい、 「お痩せになられましたか?」 と、立ち話し。
 私はちっとも痩せないのです。 すぐ、体重がふえるばかり・・・。
 いつもの友人は34キロなんです。 
 私、流石の私も 体重だけは秘密です。 トホホ。 笑えるでしょ。
なかなか、なんでもが、思うようにはならないものです。 うっふふ。
今夜も美しいお月さまです。 手を合わせて拝んできました。
 子どもら夫婦 孫ら の 名前をみんな いい 手をあわせて、

 「いつも、お守りくださいまして、ありがとうございます」 と。
 心から、お礼を言うのです。 美しいお月さまです。

    小さい頃の想いで

 お母ちゃんが
 「スイカ切ったよ・・・」 と
 みんな、縁側に並んで座る
 ブリキのバケツが置かれ
 みんな 一切れずつ貰う
 
 姉ちゃんも兄ちゃんも妹も みんな
 みんな 笑ってた
 今のように 冷たくはない でも
 なんだか なんだか 美味しかった
 嬉しかったんだな

 口で「プッー」 つてね
 バケツの中にタネを入れるのだ
 ちいちゃい妹と私は
 出来はしないので
 バケツの傍にちょごんで食べてた

 なんだか いま 思うと
 何でもないようなことも
 なんでもかんでもが
 ほのぼのとしててね
 ケンカもいっぱいしたけれどいいなぁ

 おとうちゃんやお母ちゃんに いつも
 まもられていたなあーーと感じる
 甘やかされて 甘すぎて 甘えてた
 三文やすいだろうね 
 小さい 小さかった頃のこと

 兄や姉らには厳しかったという
 両親だったらしいのだが
 私と妹には 優しすぎるちちははでした
 親のせいにしていけない私ですが
 甘えた どうしょうもない 甘い人間になってたわ
 
 だから どうしょうまなく いつも
 笑っているのです 
 笑っているしかないわたし
 妹は早くに亡くなって 空から私を見て
 きっと 笑っていることでしょう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「小さな読書」 今日はひと休みします。

 短歌

    マイナスの思考ばかりの我が友をプラス思考のわれ元気ずける

 俳句

    お月さまあえて嬉しや夏の夜

 川柳

   体冷やし心も冷やし老いてゆく

 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽