おばあちゃんのひとりごと

Entries

天才数学者 お二人のエピソード

 「気品というものは、ある意味からは、人間の値打ちのすべてを
 言い表す」
 「人間の人格的価値を言い表す上においては、この気品という
  言葉ほど適当なものは、ちょっと外にはない」
                                 森 信三

 ついつい、暑いと言っています。 そして 夏なんだから当たり前。
 すぐに寒い。寒いというような時期になるよ。 といいきかせている。
 四季があるから気持ちも引き締まり、いいものです。 体にもいい
ことでしょう、きっっと 脳にもきっと刺激がありいいかも。
 と、思っていたら、凄い音。 雷だわ。 雨も降りだしました。
 驚いた! 雨なんて降るとは思ってもいなかったのです。 
       ・・・・・・・・・・
 そうそう 気品は大事なことですよね。気品とは、上品なおもむき、
けだかい品位。・・・と、辞書にありました。 森信三氏は、
 「気品というものはその人から発する、いわば内面的な香りとでも
言うべきもので、ここぞと、形の上にいって捉えることのできないも
の」 であると。・・・・気品ある人でありたいのものです。

 あのね。 数学のことについてね・・・・。
なんていうか、難しい数学が分からなくても、好きでね。全然わから
ないのに、でも、こういうのが好きで、誰かがこれ、楽しんで下されば
ね。{この前も書きましたが。桜井進氏の数学・・・・}
 ある本の中で、桜井進氏が、数学に興味をもった時のことについて、
ーーきっかけは電気でした。 小学五年生の時からラジオを作ること
にはまったんですが、ラジオの本を見ると数式だらけでしてね。親戚
から中学校の教科書をもらってきて独学で学習したとのこと。
 周波数を計算する公式にあい、公式の計算を元にラジオをつくった
とのこと。 そして そろばんにあい、もっと早く計算したいと・・・。
 {周波数の公式数を元に、やっていってラジオねぇ。不思議なこと}
そして、
 数式にと・・・いろいろと、インドのラマルジャンノ数式・・・・。
 なんかいいですね。 数学のまったく ダメなわたし。ですが。
 数学者のエピソードが本に、あったのでね。 
     
  「小さな読書」 を、楽しんでみてください。

  いいことみつかるといいな

 好きなことに出会ったらいいな
 好きなことに夢中になるといいな
 好きなことをしていると嫌なことが消えるもんね
好きなことを 継続するといい
 
  自分の人生にとって、大事なものが
  きっと 見えてくる
  そうしたら 努力し 継続 続ける 続ける
  なにかが なにかいいことが 見つかる

  いいな いいこと みつかるといいな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 壁をぶち破る
 「天才100の言葉」    山口智司 著より

 「待て!」
                    アンリ・ポアンカレ (数学者)
 アンリ・ポアンカレはフランスの数学者、とりわけ位相幾何学において
重要な功績を残した天才数学者で、ニュートンからの微分幾何学とは全
く異なる概念を発見した。 ポアンカレ予想を提出したことでも知られてい
る。。
 あるときポアンカレは外出先で数式をひらめいたが、手元にはペンだけ
で紙がない。 忘れないうちに、と咄嗟にポアンカレがメモしたのは、目の
前に停車していた市電の車体だった。 無情にも、ポアンカレが数式を書
き終える前に、市電は出発してしまい・・・・・・。
 ポアンカレが走り去る市電に向かって、思わず叫んだのがこの言葉。
 何よりも直感を信じ、いつも数学について考えを巡らせていたポアンカレ
らしいエピソ―ドである。
 ちなみに1904年に提出されたポアンカレ予想は100年にわたって未
解決だったが、数学者グリゴリー・ペレルマンが証明して話題になった。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「数学者でない者には、私の原理は読めない」
                           レオナルド・ダ・ヴィンチ(画家)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 「この証明が正しければ
 賞なんて必要ない」             グレゴリー・ペレルマン(数学者)

 ロシアの数学者グりごりー・ペレルマンは幼いころから 「神童」 として知ら
れており高校生の時に、 「国際数学オリンピック」 で金メダルを獲得、早く
から数学ノ才能を開花させていた。
 ペレルマンが天才数学者として一躍有名になったのは、2002年から2003
年にかけての 「ポアンカレ予想」 の証明である。 人類が100年間かけて
解けなかった難問を解決したというニュースは世界中を駆け巡り、数学者の
ノーベル賞 「フィールズ賞」 の受賞が決定した。
 だが、ペレルマンは、この名言を吐いて受賞を辞退した。
 ペレルマンはこれまでも仕事上の昇進や、科学アカデミー会員への推薦も
拒否し続けていた。 100万ドルの賞金にも無関心だったペレルマンは、現
在は母親と故郷で細々と暮らしているという。
 
 数学の魅力にとりつかれた孤高の天才にとって、名誉や賞金は何ら意味を
もたなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 なんか、面白いですね。 100年ね。 私、なんにもわからないんです。 でも、
面白そうで選んでみました。

  短歌

    逝く日までいつまであるかわからねどなにかがしたいまだ見つからず

  俳句

     「暑い」とは口にしないぞつい「暑い」

 川柳

    暑いねえ暑い暑いとひとりごと
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽