おばあちゃんのひとりごと

Entries

西洋では、いかに人にいい感じを与えて自分を好きになってもらうか。

 犯しがたい﨟(ろう)たけた気品・・・・という文学的な表現がご
ざいます。 けれども、そういうものが身に備わっていないといけ
ませんね。下品でいわれたら、もうそれっきりですもの。貴婦人に
限らず、どなたにでも気品てものは必要なんです。
                               酒井美意子 

 なんか、偶然、気品が目に入りましたのでね。 面白いもので
す。 今日も猛暑。 熱中症 気をつけないとね。 
 84歳になる友人が、「元気にしてる」 と電話が入り、ありがた
いことです。 東京は五日続けて、35度以上の猛暑日で、観測
がはじまって、140年になるそうですが初めてとのこと。 
 熱中症で全国で11,672人運ばれ、25人がなくなられたとの
こと。 大切な命。 命にかかわる事件事故の ニュースに涙。
 
   あのね あのね

  みんな みんな
  あなたを思い 大事に思われている
  あなたも みんなを大切に思う
  そうやって みんながこの世を生きてる
  
  自分が とても 大切にされている
  まわりの人も 誰かに愛されている  
  誰、もが みんな 誰かを愛している
  誰もが誰かの大切な人
  
  ありがたいこと
  愛すること
  愛されること
  ありがたいこと
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
日本の貴婦人               稲木紫織 著より

 酒井美意子
大切なのは人をねぎらう言葉、一目で」幾ちが」わかってしまう

 加賀百万石の・・・・・という肩書gたあまりにも有名な酒井美意子さん
だが、「生まれより育ち、つまり躾が大事」 と強調する。 英国仕込み
の礼儀。大名家独特の日本伝統的作法、華族社会での社交、とマナー
に精通する第一人者。 自伝「ある華族のの昭和史」 や 「加賀百万石
物語」 「姫路城物語」 など歴史ノンフィクションの作家としても活躍して
いる。 「社交もお洒落も演出が何より大切」 が持論だが、ご本人は、
「本来男ぽっくて構わないたちだから、逆に女を演技しているの」 と笑う。
戦前に完璧な貴婦人教育を受け、現代の国際社会で実践する彼女が語る。
これからの女性の在り方とは。

 ・・大切なのは人をねぎらう言葉、ひとめで育ちがわかってしまう・・・
ーー小さいころはロンドンでお育ちになったとか。
 父が陸軍の軍人で大使館付きでロンドンに赴任したものですから、当時
は英語ばかりしゃべっていました。遊び友だちとも英語ですし、エリザベス
女王と同い年でパーティでお目にかかったりしましたが、そういう場では、
もちろん、家のなかでも英語。生活様式も純然たる洋風でした。 躾の基
本として家庭教師に厳しく言われたのは、人に迷惑をかけないようにとい
うこと。 日本の礼儀作法がちょっと違うのは、日本の作法である小笠原
流礼法は武家社会のために作られましたから、。非常に謹厳で自分の修養
ってことが主になっているんですね。 でも、西洋では、いかに人にいい感じ
を与えて自分を好きになってもらうか、物理的に迷惑をかけるなんてとんで
もなくて、気分的にもいやな感じを絶対に与えちゃいけないし、相手の気に
障るようなことを言ったり振る舞ったりしてはいけません、といわれて育ちま
した。

・・・省略・・・何かしてもらったらどんな些細なことでも、
「どうもありがとう」
「御苦労さま」 とちゃんといわなきゃあいけない。
 黙っていたらいばっているように見える。と、それは、西洋でも日本でもそ
うなんですけど、ハッキリ言っていわゆる成り上がりの肩を見分けるのは、
そこだ、っていっているんです。・・・・省略・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 なんか、「日本の貴婦人」 という本に魅力を感じてね。 如何でしょうか。
 

 短歌 

  健康のためと言いつつ街歩くひとりの老いは独りごと多し

 俳句

  突然の雷雨にびっくり飛び上がる

 川柳

  アッハハうっふふ笑うボケそうで 
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽