おばあちゃんのひとりごと

Entries

親分さんといっしょに私が汽車を降りたら、さすがに主人ものけぞってました。(笑)

 「結婚して、良い女房に当たったら人生これほどの幸福はない。
 そしてだ、もし悪い女房に当たったら哲学者になれるよ」
                                 ソクラテス

 うっふふ うっふふ と笑いながら、ソクラテスのこの言葉を思う。
そして、言うの。 じゃぁ悪い旦那を持ったら?  って!

 「結婚して、良い旦那に当たったら人生これほどの幸福はない。
 そしてだ、もし悪い旦那にあたったら、それ以上の悪運はないが
 旦那を育てる素晴らしい教育者になれる。
                        おばあちゃんのひとりごと

 いろんな人生があるもので、まわりのご夫婦を眺めながら、どのご
夫婦もそれぞれにいいものです。 夫婦っていいな。 いいことも悪い
事もあるが人生。 おたがいに、見えないけれど、愛情という素晴らし
い、宝を磨いて、努力して、いい人生になさつておられます。
 不平不満も逆に考えれば、幸せになるための一つの、ステップで、
ちょっとの思考回路を変えるだけで、マイナスはプラスに代わるもの
なのです。 不平不満が可愛いものに思えるかも・・・・。
 あーあ 愛はすばらしい。 夫婦の愛。 家族に愛。
 あーあ、私には 過去。 遠い昔。

   夫婦っていいもの

 毎日いっしょだから
 なんにも思わないかもだけど
 ほんとうは とっても
 ありがたい ありがたいもんです

 毎日いっしょだから
 ついつい あたりまえに思うけれど
 おたがいがどれほどに
 いいものであるか ありがたいかを

 ちょっと たまに 思って見るといい
 そうすることで また 愛の有り難さを
 感謝と尊敬の気持ちが
 自然に愛があふれ 幸せを知るものよ

---------------------------------------------------------------
-日本の貴婦人         稲木紫織 著

 廣瀬忠子
「よく街頭で募金集めにたちますから”貴婦人”ならぬただの”寄付人”
と、のっけから笑わせるユーモラスな廣瀬さん、その祖先を平安時代に
遡る廣瀬家で代々芦屋に住む。 三浦環と並ぶ声楽家であり、芦屋で
国際的なサロン文化を開花させて社会活動にも貢献した母の勝代さん
の後を受け婦人会やユネスコ協会などの会長を兼任・・・
 --省略ーーー

 素敵な色ねと声をかけたけど、顔を見たら頬に長い傷跡が・・・・
 芦屋婦人会の会長として、市内の600人独居老人に出す敬老ハガキ
を作り、青年会議所に依頼したり、公津安全要にスカーフに貼れる蛍光
シールを考案したり、身近なアイディアを即実現させる熱意は見事だが
本人は「芦屋で一番うるさいオバサンなの」 と笑い飛ばす。「誠実だけ
が取柄」 と謙遜するが、彼女の心配りで、人間関係の複雑だった会も
、もめごとが亡くなったと聞く。

ーー省略ーー
・・・ご主人さまとの夫婦円満の秘訣は?
廣瀬  主人も私のちちの甥っ子で、父が母を理解してるのを見ていましたし
同じようなタイプなんです。 でもたとえば、煙草をやめてほしからってガンガン
言うのは逆効果ね。私は「煙草を吸わないパパのほうが好きよ」 って言った
り、怒りつつ 「でも好きよ」 とか言ってると、相手も拍子抜けて辞めざるをえ
なくなるみたい(笑) そのほうが平和だし効果的。コミニューケ―ションはケ
ンカするためにあるんじゃないもの。 自分の思 つたことをできるだけ通すた
めにはどうしたらいいかを考えるほうがいいじゃあない。 よく会の議長をやス
ピーチをさせていただきますが、その時は必ずちょっと滑稽なお話を入れたり
少しずっこけたりする。 そのほうが効果的なんです。 グイグイまじめにやっ
ているだけだと周囲もリラックスできなくて、意見が通っていかないの。

・・・なんか 面白いところだけ 抜粋ね・・・楽しいのよ・・・
徳川  私 汽車に乗っても隣の人と黙ったままいるのが哀しくて、何とか話
をしようと思っちゃう。 ある時、汽車に乗ったら隣に来た人がグリーンの素敵
なスーツを着た男の人だったんで、 「素敵な色ね」 って声をかけたんだっけ
ど、顔を見たら頬に長い傷跡があるの。 ところがそのおじさん 「煙草は吸っ
てもいいですか」 と、とても紳士的なの。車中3時間ぐらいおしゃべりして、ミ
カンごちそうになったりして、降りるときは私の荷物持ってくれまして、そしたら
今日は××組の集まりが神戸であつて、その帰りの親分さんだったの。 降
りたらホームにズラリと子分たちが腰をかがめて迎えに来てたんだけど、親
分さんといっしょに私が降りて、、「荷物をありがとう」 なんて言うものだから、
さすがに主人ものけぞってました。(笑)  私 おっちょこちょいなのかしらね。
主人にも 「お前は人なっこすぎる」 つてよく言われるんですけれど。

 今は家におりますけれど、4カ月ぐらい入院してました間も、毎日ブラインド
を上げ下げする時、ただするんじゃつまらないから、今日は学校の校歌だと
か今日は英国国歌だとか歌って、鳴り物入りでスルスルやるんです。 看護
婦さんたちも喜んじゃって病室にはオセロやゲームいっぱい持ちこんで遊ん
だり、だって同じ時間なら、ただ黙ってため息ついてたってしょうがないでしょ
う。 何か楽しく過ごす方がいいでしょ。そうするとまわりもおもしろがっちゃう
の。 だから いろんな出逢いがあるかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 馬鹿らしいと思う人もあるでしょうが、私は好きなんです。 こうやって 自分
なりに 楽しく過ごしたいと、よく、かんがえてやってきましたが、認められたく
努力したのですが、なかなか、時代もそうなのかもだけど、難しかった・・・・。
 楽しいですよね。 これができる人も、できない人も、したくない人もあるでし
ょう。 違うのが当たり前で、みんなちがって、みんないいものです。

 みんなちがうもの

 なにがあっても
 その時 考えることって
 みんなちがうものね
 だから いいんだなあ
 その みんな違う良さ 
 その 違っている 大切さ
 
 みんなちがうという良さ
 違ってていい? ちがちゃぁいけない?
 気ずいたのは 
 それが いいことに気が付けたのは
 いつだっけ・・・・・

 短歌

    眠れたわ日曜の朝ゆっくりとぼんやりとして今日なにする

 俳句

   座ってても動かなくても汗の出る

 川柳

   原爆の日ひとりテレビ見て泣いている
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽