おばあちゃんのひとりごと

Entries

盂蘭盆ーー餓鬼の世界から霊を救う。

仏教は、いえ、仏教にかぎらず宗教は、羅針盤です。 羅針盤によって
船は進むべき方向を知ることができます。 
                                    ひろさちや

 なんかせつなくなるような、ニュースに涙します。 お盆のときにと思って
たのですが、 ”盂蘭盆” ひろさちやさまの本より 「小さな読書」 如何で
しようか。 
 なんていうか この世の中 なんでもを信じることから、すべては、はじめ
たがいいとおもうんです。 見えない世界は、あるんだと思うことです。
 仏様も神さまも見えない世界です。 もちろん、ご先祖さまもです。 
 でも いつも、傍におられ守っていtる下さると思うことが自分が生きていく
のにも、とても、大切なことだと思うのです。

 今友人からの宅急便がとどけられました。 なんだと思います?
 ビックリです 。☆3代テノール・ベスト・コレクション☆
 凄いCDが10枚でした。 今、早速、聴いています。素晴らしい。
 わたしはみんながいろいろと良くしていただけます。 コンサートの
チケットも頂き・・・・なんていうか、ありがたいです。 感謝だわ。

 すみません。 先ほどの続きです。
 だってね、ちゃんと 信じることの大切さを思うの。
見えない世界を信じることで、大事にされていると自分を信じ、ちゃん
としっかり生きていかないと・・・・と思うことです。 ありがたいもんです。 
 ご先祖さまに、恥ずかしいものね。 さあ ファィティン!
 
  神さま 仏さま ご先祖さま

 お空から 
 見ててくださる
 おいでくださる
 不安に思いきっと
 見守っててくださるのね

 だから ありがとう  
 微笑んで下さるように
 ちょっと いいかげんかも
 ほどほどでだらしないかも
 そう頑張れはしないけど

 ちゃんと一生懸命に生きるわ
 守って下され ありがとう
 毎日をね 恥ずかしくないように
 ちょっとだらしないけど お許しあれ
 神さま 仏さま ご先祖さま 感謝です
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー------ーー
 がんばらない、がんばらない   ひろさちや 著

盂蘭盆ーーーー餓鬼の世界から霊を救う

 お釈迦さまの弟子に目連がいる。 彼は 「髪通第一」 であった。
神通とは、一種の超能力で、その点に関しては弟子のなかでナンバ
ーワンだというにである。
 目連はあるとき、その神通力によって、亡き母がどこに再生してい
るかを、捜した。天界をくまなく捜したが、そこに母はいない。 人間
界にもいない。 目連の母は、餓鬼の世界に堕ちていたいたのであ
った。
 餓鬼というのは、飢えた生き物である。 目連は餓鬼になった母に
食べ物を差し出す。 けれども、母は食べられない。 口のところま
で食べ物を持ってくると、それは火となって燃えてしまう。
 目連は神通力によって母を救おうとするがその神通力もきかない。
 悲しむ目連に、お釈迦さまが教えられた。

 「そなた一人の力では、母は救えない。 七月十五日に、大勢の
僧に供養して、大勢の僧に経を読んでもらいなさい。 その力によ
って、あおなたの母は救われる」

 インドでは、雨季の三ヵ月は旅行が困難である。 いつも遊行して
いる僧たちも、この雨季のあいだは一ヵ所に集まって修業をつずけ
る。 雨季が終わって、再び旅に出るのが七月一五日。 そのとき
に、大勢の僧に施しをせよ、と教えられたのである。
 こtれがお盆のはじまりである。
 お盆は、正しくは ”盂蘭盆” と言う。 インドのことばの ”ウラン
バナ” を音訳したものだ。 ”ウランバナ” は、 「逆さ吊り」 の意。
インドでは、子孫にまつってもらえぬ人の霊は、地獄で逆さ吊りの
責め苦に遭うという伝説がある。 それが 「盆」 ということばの由来
である。

 両親は子どもを育てるために、ときには悪事をせねばならない。 だ
から、死ねば地獄や餓鬼の世界に堕ちるのだ。それを救うのが、お盆
の行事である。

 日本人は昔から、お盆の行事を大切にしてきた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 短歌

   菩提寺にご先祖さまにお会いしてなんだか寂し手をあわせつつも

 俳句

   読経も蝉の声に負け盆の寺

 川柳

   なんでもが光と影やライトつけ
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽