おばあちゃんのひとりごと

Entries

彼は関東大震災でで家族も、会社も失ってしまうんです。

  味覚は親切である。 どんなうまいものだって、こしらえた人の親切
 がほんのり感じられて、これを口に入れただけで、ほのぼのと心があ
 たたまるようでなくては、真実の美味とはいえない。             
                               伊藤 肇

 そうですね。愛情を感じさせられる言葉です。 なかなか味があり、お
料理し、いただいている情景が醸しだされます。 なんか、高級感が私
には浮かんできちゃいます。 家庭かもかな・・・。 みんなそれぞれね。

 天高く馬肥ゆる秋・・・でしたっけ?

 私は年中何でもが、美味しくて、秋はまたまた美味しくて、馬じゃあな
くて豚になっている。 うっふ 笑える。痩せなくちゃ・・・明日は三ヵ月に
一度の病院だわ。 数値がいいといいけどなぁ。 

  ホントのことよ 

 いつでもね
 どんなに辛くて
 苦しいことも
 泣いて涙してても
 長い人生だもん ある ある
 あるに 当たりまえよ でも
 
 でも無限じゃあないよ
 その困苦が ね。
 よかったと思える
 そうなったら もう 大丈夫
 いままで 見てたのを 裏から見たら
 ちょっと いつも 考えてるのを 逆に考える

 幸せは ここ あそこ そこよ あるでしょ
 いいところでけを 見てみて
 いいことだけを 考えてみて
 そういう考えがも あったんだ
 当たり前 あたりまえに 
 幸せいっぱいよ 見いつけた

 すべてのなかに
 その心に 幸せはあふれ
 そうやって みて みて
 結構 いいもんよ
 きっと 運が悪いなんて
 思わなくなると思うわ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 到知   2012・9・ 続き

 日本を創った男たち     作家 北 康利
   続き・・・・ 
 
 彼は一生懸命モノつくりをやりました。 ところうが、給金が出るとき、必
ず、継母は来ていたそうであります。 そして、給金はその継母が全部持
っていってしまう。 そんな生活をずっと続けていました。
 しかし、彼はそれでも人生に絶望しなかった。 モノを作ることは面白い
尚 且つ」、自分が発明をすれば特許とれる。 そこに希望を見いだした
んです。彼は最初、穴がなくても自動的に長さを調整できるベルトを発明
して、特許をとりました。 その後も、水道の自在器(水道栓の先につけて
、蛇口を自由な方向に向ける器具)を簡単に取り付けられる部品を開発し
特許をとるなど、彼はどんどん発明の才を発揮していきます。
 そして、皆さんご存じの通り、シャープペンシルの改良をするわけだす。
 これが大ヒットして、彼は独立します。 順風満帆になってきました。 自
分で工場を持って、結婚もしました。 子どもも二人できました。

 そこで起こったのが関東大震災であります。 神はかくも厳しい試練を
彼に与えるものかというくらいの試練でした。

 彼の会社はいまのスカイツリーの場所にあったんです。 そこを流れる
十五間川がまさに彼の奥さんが火傷だらけになりながら、二人の子ども
を抱えて飛び込んだ川であります。

 物凄い熱風が吹き荒れる中、川に浸っているうちに、一人名がされ、二
人名がされ、もう半狂乱であります。 そあいて、数日経って奥さんが見つ
かった時には、既に亡くなっていました。
 かれは関東大震災で、家族も会社も失ってしまうんです。
 それだけではありませんでした。 大阪のある会社が売掛金の取り立
てに来たんです。

 お金をもなにもありませんよね。

ーーーー次回に 続きますーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   なにかがあるこの人生はでもでもねなんとかなるもの無限じゃあない

 俳句

   秋雨や今日はなにをしようかな

 川柳

  オリンピック二度あり三度が不安なる

  いい話題あったらいいなオリンピック  
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽