おばあちゃんのひとりごと

Entries

「上手に喋るだけの機智も、黙っているだけの判断ももっていない・・・これこそ最大の不幸だ」

 空を見上げてごらん ゆったり 悠 遊 雲もゆうゆう
 鳥も悠遊 小さな自分がわかるから
                       相田みつを

 昨夜、テレビ番組で若い子らが遅くまで、家に帰らず街で遊んでいる
人が多いと放送していた。 危険であり、大阪の事件などが気にななら
ないかといわれても、「自分にはないと思える・・・」 と、話していた。
 ギョッ 深夜なんて、とっても 危険だな。
 どうしてそういうふうに考えられるのだろうか? と、思う。
 誰にもいつでも、そういう危険は隣り合わせにあり、自分にも起きる
ことはあると思い行動しないとね。 夜遊ぶより、昼間、宙を見あげこの
相田さんのように、ゆったりするといい。 そして、もっと、自分のことを
大切に大事にして、未来を夢みて、学んだらいいなぁ。 そうおもうので
す。 せっかくの若さ、学べる脳の柔軟さもあり、未来は大きい 大きい。 
 だって自分の人生なのよ。もったいないよ。


 なんでもが自分なんだ

 若い嫁だったころ
 たった ひとことで
 怒られ 叱られ あーあ

 だから 黙っていないと
 黙っていると また
 怒られ 叱られた

 そんな昔があつたのです
 ただ ただ 一日が過ぎていく
 そんな日々があり 私があり 感謝
 
 両親からは得られない 困苦
 学んで生きてきてたなぁ そう思う
 アハッハ それが幸せの種だった

 いつかは咲くんです
 花が咲き 楽しくてうきうきします
 でも そのとき 不幸の種になることも
 
 どんな日々も 一瞬 
 自分のことだとわかる前に
 人生の大半が過ぎている
 
 自分のことなんだと知るまえに過ぎてる
 今 今でしょ 今を見詰めてね
 自分を見つめるのが大事なのです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
帝王学のノート       伊藤 肇 著

 ごく一部より {東洋人物学のうち「応対辞令」}

 かって、元総理の故佐藤栄作さんが、故ケネディ大統領にあったとき、
赤道アフリカの医療伝道者であり、神学者であり、ゲーテ学者であるシ
ュバイツェルを引用した。
 それは祖国ドイツが連合軍に降伏したというニュースを聞き、独り、森
に入って祈ったときに、博士の心から迸(ほとばし)れ出た言葉があった。

 「戦いに勝ちし国は敗けし国に対して喪に服する礼をもって、これを処
さねばならない」 
 
 シュヴァイツェルが何処で東洋の古典を続んだのかはしらないが、こ
れは明らかに老子の

 「人を殺すこと多ければ、哀悲を以って之を泣き、戦に勝ちては喪礼を
以って之に処る」 である。

 これまで傲岸不遜に構え、とりつくしまのなかったケネディ大統領が、
この一言にころりと参り、以来、佐藤さんと胸衿を開いて話し合うようにな
った。

 ラ・ブリ」ュイエ―ルが皮肉な箴言を残している。

 「上手に喋るだけの機智も、黙っているだけの判断ももっていない・・・
  これこそ最大の不幸だ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ケネディ大統領は素晴らしい人だと、エピソードをといどき目にし思うのです。 
 そして、
 ケネヂィ大統領は、前にもかきましたが、日本人で好きな・・・・?
 と尋ねられた時の 「上杉鷹山です・・・」 は、有名ですよね。

  短歌

    ゆうゆうと雲が浮かぶ空あーあこの世よ見あげてほっとひとやすみ

 俳句

   今朝友と話せば元気秋の風

 川柳

  被害地の少女の笑顔にすくわれる

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽