おばあちゃんのひとりごと

Entries

「木で作ったようなニワトリ」  が最も強いという話に由来。

 人を不安にするものは、事柄そのものではなく、むしろそれに
 関する人の考えである。
                            ヒルティ

 明日から、シルバーウィークに入る人もおられるとか。 そうすると
5日間の休日。 今度は11年後とか。 {国民の休日}
 天気も好さそうで楽しみなことです。 朝からパトカーがとまってい
してなにかがあったようです。 最近の事件を見ていますと、なんだ
か怖いことです。 簡単にドアーを開けたらダメと頭で分かっている
のに、反射神経のように、チャイムが鳴ると飛んでいっている。
 気をつけないとね。 新聞の勧誘でした。 ・・・。
 
   気持ちって

 とても不思議
 だって いつも
 思うのよ

 なんか これっていやだって思うと 嫌いって
 ちゃんと 通じている でも
 いいなぁ 素敵 大好き 愛してるって

 そう思うことは 言葉にして
 伝えないと伝わらないと思う
 不思議よね

 だから こころって
 おもしろいのよね
 嫌だって思わないがいい

 ちゃんと なんにもいわなくて
 わかってしまうからね
 そして あんたが好きは言わないとね

 子育ても 恋も 夫婦も 家族にも 誰にでも
 言葉にしないとね 好き 大好き 愛してる
 嫌だと言う気持ちは 消しゴムで消すことよね
 
-----------------------------------------------------
天才の言葉              山口智司 著

 「いまだ木鶏たり得ず」
          --双葉山定次(力士)

 昭和の大横綱、双葉山定次は、昭和11年春場所3日目までに
前人未到の60連勝を達成し、最強の力士と言われた。 双葉山
の快進撃は国民を熱狂させ、双葉山人気にあやかって11日間だ
った本場所を、昭和12年夏場所から13日間に替えたほどだった。

 だが70連勝を目前にして、双葉山は前頭三枚目の安芸ノ海に
敗北を喫する。 まさかの大判番狂わせに2万人の観客は騒然、
座布団だけでなく火鉢まで宙に舞った。
 不抜の双葉山陥落すーーー。翌朝の新聞がセンセーショナルに
書きたてるなか、双葉山が友人に打った電報がこれだ。
 「イマダ、モッケイタリエズ(未だ、木鶏たり得ず)」

 これは古典 「荘子」 で、闘鶏を養う名人が、他の鶏の鳴き声を
聞いてもピクともしない 「木で作ったようなニワトリ」 が最も強いと
した話に由来している。 つまり木鶏のように無心の境地で戦えば、
どんな相手も自分から逃げていく、双葉山は、まだ自分がその域に
達していないことを、この敗戦から実感したのである。

 連勝が止められた双葉山、その後、27連勝と36連勝の記録を
作っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 「木鶏」 のことは前にも書きましたが、いいものですよね。

 伊藤肇氏の木鶏を、4つの教訓をくみ取ると書いておられます。

 第一、競わず(むやみに余計な競争心をkりたてない) 
 第二、てらわず。(自分を自分以上にみせようとしないこと)
 第三、瞳を動かさず。(たえず、あたりを気にして、きょろきょろみまわさぬ) 
 第四、静かなること木鶏の如し。(木彫りの鶏のように静かに自己をみつめる)

 いいですよね。お相撲さんって、よほど精神力が大切でしょうね。
 双葉山って素敵な力士さんだったのでしょうね。 

 短歌

   ぼっとして今日も過ぎゆく秋の日や鴉が騒ぎ夕方になる

 俳句

  鴉泣く秋の日ぐれや何処帰る

 川柳

  シルバーウィーク寺詣り行く秋彼岸

スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽