おばあちゃんのひとりごと

Entries

「おじさん、ぼくは死ぬまで肉も魚も食べないから、カエルを蛇に飲ませるをやめて」

 ひとつぶでも まくまい  ほほえめなくなる種は どんなに小さく
 とも 大事に育てよう 微笑みの芽は
                       「小止観物語」

 昨夜のスーパームーンは有り難く見ることができました。 今は、
テレビで知らされて、あんなうつくしいお月さまを眺められ拝し、幸
せなことです。 知らないで見れなかったらね。 そう思うだけで嬉
しくて笑顔になりますもの。 
 最近のいろいろなる事件を目にしつつ・・・。
 あのね。思うんです。 命の大切さを・・・。

   いのち

  あのね 命って
  思うのよ

  自分のいのちは自分のものかな
  あなたのいのちはあなたのいのちなのかな

  考えたことがあるかしら  
  考えてみて とても大事なことなのよ

  誰のいのちもね いのちは
  自分だけのもんじゃあないのよね

  どれだけ多くの人たちの愛がつまっているいのちか
  どれほど多くに人に愛され育ってきたいのちか

  いのち このいとおしきもの
  いのち このかけがえのないもの

  生きて 生きていく 生かされて 生かさせていただける
  あなた わたし だれも すべてのものにあるいのち

  死んだら かえってこられやしない
  誰にももう会えやしないのよ

  可愛い猫も 犬さんにも
  鳥や虫やら 木やら花

  みんな生きてる
  みんな楽しんでる

  どうか 神さま 仏さま
  どうぞ お守りください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 こころの開眼            松原泰道 著

 {生かされている自分}
ーー省略ーー
 すでに故人になられましたが、作家の外村繁さんは、少年時代
におじさんに預けられました。 ところが、そのおじさんは蛇を飼育
するのが趣味だったそうです。 それはまあいいとして、生きたカ
エルを蛇に与えて飼育するのを見た繁少年は、カエルがあわれで
ならなかったのです。 ついたまりかねた繁少年は、おじさんに強
意見(こわいけん)をします。

 「おじさん、ぼく死ぬまで肉も魚も食べないから、カエルを蛇に呑
ませるのをやめてください」
 
 おじさんは繁少年に反論します。
 「よし、わかった。 おまえは野菜しか死ぬまで口にしないという
が、大根でもキャベツでもみな生きているのだぞ、水だって生きて
いるのだよ。 その証拠に死んだ(腐った)水を飲んだらおまえは
下痢するだろう。 どうする?」

 繁少年は、おじさんの意地悪とも思える言葉に、悔しいが返事が
できません。 確かにおじさんのいうとおり、腐敗していないものは
みな生きているのです。 命を殺すのがかわいそうだとしたら、ぼ
くはおじさんのいうとおり、水一滴も米一粒も口に入れることはでき
ないわけだ。 するとぼくは死ぬしかない、しかし死ぬのはいやだ・・
・・・と自問自答しているうちに、では、

 「生きるとは、どういうことか」   という問題につきあたります。
 
 繁少年は、、子どもながらこのような考えを押し進めていった結果
が乗っかっている」  事実に気がついた。 といいます。 いわゆる 
 「生を明らむ(生きる事実を明らかに知ること)」 とは、

 ”おかげさま” がわかることでありました。 

 無数の命を殺さなければ自分一人も生きられない。 という厳粛
な事実を体験すれば、むだな殺生もできなくなるだけでなく、命あ
るものを大切に生かしていこうとの 「不殺生戒」 の教えにも通じ
ます。 他の命はもちろん自分の命も大事にして、自分の命だか
らといって気ままに使えない道理もわかるでしょう。 それは自分
だけの力ではとても生きていけない、多くの支えによるおかげで
生きられるのであるから、社会にできるだけ多く還元しよう。 と
いう生き方が望ましいのです。
 
 しかし命には、限りがあります。 その極限が申すまでもなく、
 「死」 です。 だれも避けることのできない死と、対面したとき、
この悲しみと苦しみとを逆転して、限られた時間を価値あらしめる
のが、すぐれた人生観であり、信心というものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 短歌

   赤かった落ち葉見つけて「わあっ」つい拾い手帳にはさみひとり笑む

 俳句

   秋の夜や老いてひとりの「いい湯だな」

 川柳

   結婚かかっこいいなあそのニュース
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽