おばあちゃんのひとりごと

Entries

美しい言葉は、それそのものが、美しくなるための大きな武器です。

 世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
             在原業平

 何事も皆偽りの世の中に死ぬるといふぞ誠なりける
             一休宗純


 今テレビを見てて、日本の伝統工芸品をやっていた。外国への挑戦。
 ”有松鳴海絞” 技術の継承やらね。今、海外挑戦をドイツから、認められてい
るようです。鳴海絞りの息子さんがドイツに留学した時に、絞りを見た人が認め
 --場所を変えると価値が会わるーー(それに取り組んでおられる方の言葉)
 そうですよね。絞りの方法での、カシミヤでの染色をやっているとか生地ーー。
 そして、仏壇をつくっておられたとかで、いま……。
 逆転の発想でといっておられましたが、すずが軟らかいから形がつくれなくて~
ーーそのすずで”食器”をつくったそうです。すずは軟らかいそうで、形が変わる食
器をそのままにして~で成功したとのこと。形が変わるのをいいことにして~。
 (NHKでやっていたのだけれども、書き方が下手ね。すみませんわかないかも)
 私若い頃、川柳でね……逆転の発想こそは生きる知恵……ふふふ。いいでショ。
 選ばれたんです。なんか、今日同じような言葉を聞いて嬉しくなっちゃいました。

 昨日、若いママさんからメールが、すぐ前の通りにコンビニがオープンしたので、
「一緒に行かない……」とね。暇な私、「オッケー~~いいよ……」と返信メール。
もう、コンビニばかりがこの辺りにいくつあるかしら? 5~6店は、あるのです。
また、一番近くにね。また、また、オープンしたのです。オープン記念で安いよう
です。そこへ行こうとの誘い、それで見に行くことに、じゃぁなくて買いに行くで
すね。久しぶりに会えるし、もう少ししたら二人でコンビニへ。

 昨夕のこと。お隣の奥さまと偶然、お会いした。
「今から、どこへ行くの?風があって、すごい寒いよ」
「お隣の○○内科だよ」
「あっそうか。私、今朝行って来たわ。市の無料検診ね。3月末までだから」
「私はやったことがない……」
「今日は、3人が検診の患者だったと思うよ。私は尿と血液だけ……他は嫌だから」
「胃カメラ・大腸・他……その方は、その検査やっておられるみたいだったよ」
「私は、一度も市の検診とか、そういうのをやったことないわ。」
「私、検査はするけど、胃カメラや大腸はね。わざわざ病気を探したくないから……」
 と、いろいろといろんなことを暫く話す。おたがいひとりなんですもの。
 おとなりなのに、会うことは少ない。でも、こうして会えた時は、暫く話すのです。
 「誰かに会わないと、誰とも話さずに一日がすぎるよね」とお互いが言う。ふふふ。
 そうそう。気楽なんです。ひとりというのは~~

       *

    いいことは
    おかげさま
    わるいことは
    身から
    出たさび
           相田みつを

       *

 ☆☆ 運がいいとか悪いとか ☆☆

    運がいいな
    そういうとき
    自分を考える

    運が悪いな
    そういうときは
    自分を考える

    ちょっと
    自分なりに考えれば
    なんとなくね

    こう思うのです
    因があり 果
    ちゃんとなっていくを知る

    そう思うがいい
    そう思いたい
    そうおもうと考えられるから

    だってそれを知ることは大事だから

---------------------------------------------------------------------
 美しい人をつくる「所作」の基本
                 枡野俊明 著

 私は日頃から、大学で大勢の若い人たちと接していますが、しばしば首を捻りたくな
る場面、耳を疑いたくなる場面に遭遇します。学生同士がざっくばらんに会話を交わし
ていると思って見ると、話している相手がはるかに年長の教員だったり、職員さんだっ
たりするのです。若者流にいえば「タメ口」をきいているのですね。
 日本語は、世界でも類いまれなる美しい言葉。せっかくその国に生まれながら、言葉
づかいがぞんざいな人を見ると、もはや無念を通り越して、悔しさ、虚しさ、いや、正
直にいえば、おおいなる怒りさえ覚えます。
 もちろん、彼ら若い世代だけの問題ではありません。なぜか最近”友だち親子”や、学
校での教師と生徒の仲良し関係が、よいことのように話されます。大人全般が年少者に
媚びているという現実がある。これこそが、根本的な原因なのでしょう。これこそが、
根本的な原因なのでしょう。
 美しい言葉は、それそのものが、美しくなるための大きな武器です。身近にありなが
ら、それをまともに使えないなんて、文字どおり、宝の持ち腐れ。いち早くそんな状態
から抜け出してほしい、とせつに願っております。
 といっても、会話本や敬語マニュアルを必死で読むことを奨めるつもりはありません。
杓子定規なお仕着せの言葉づかいをいくら覚え込んでも、言葉は生きないし、美しくも
ないからです。
 
 禅は「愛語」で語りかけよ、説いています。愛語について、道元禅師はこう書き残し
ている。
 「愛語は愛心よりおこる。愛心は慈心を種子とせり。愛語よく廻天の力あることを、
学すべきなり」(正法眼蔵)

 慈しみの心から発する愛を持った言葉は、天地宇宙をひっくり返すほどの力がある、
というのです。
 愛語のもっともいい例は、母が幼子に向ける言葉だと思います。自分自身の利や得な
どまったく思うことなく欲からも遠く離れ、ひたすらに我が子を思う気持ちから出る言
葉。拙くても、素っ気なくとも、それこそが愛語と呼ぶにふさわしいものだ、と私は思
っています。
 いいたいことを、思いついたままに語るのではなく、その言葉を相手がどう受け止め
るのかということに、まず、思いをめぐらせる。いったん自分が相手の立場になってみ
る。そして、その言葉を投げかけられたら、自分ならどう受け止めるだろうか。と考え
てみてはどうでしょう。なんでもないと思った言葉が、意外な棘をもっていたり、皮肉
めいていたり、上滑りしていたり……
 いってしまってから、あわてて子叔母を取りつくろったことが誰にもあるはず。しか
し、一度口に出した言葉は決して元に戻らないのです。”あのひと言”
 ---省略ーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
   ………日本語は類まれなる、美しい言葉です………
   ………慈しみの心から発する愛を持った言葉………

 言葉が美しいと、もちろん、行動も美しくなるもんですよね。
 だから、日本語は大事に使いたいものです。ジョブス氏も「初心……」という言葉が
お好きだっとか、何かで読みましたが~~。

短歌

 散歩して近くの神社おまいりし桜の樹を撫で「咲いて」こえかけ

俳句

 今春も桜咲く見る嬉しいな

川柳

 トランプの話すその声も見るをやめ

*CommentList

子どもは……喜びが自信をつけ、自信がやる気につながります。

 花は散り際、役は引き際、人は死に際。
         昔からの言葉

 われ死ねど どこにも往かぬここにおる 尋ねはするな
 ものはいはぬぞ
         一休

 一休さんのこれ好きでね。また、ここに書いています。
 今日も晴れていますが、昨日より2度以上低い気温とのことです。
 
 昔、子育てをしている頃は、大家族でした。でも、悩んだりした時は波多野勤子
さんの、「幼児の心理」とか、「小学生の心理」とか、いろんな本を読んだもので
ね。下記の ”鈴木メソッド” の本も読みました。いろんな本を読みましたが……。
 もうなんにも覚えていないわ。寝る間も惜しんで読んだものでしたが……。
 その上、私の子育ては考える暇も、忙しいばかりで、子どもを育てるというより
も、かまってもあげられず、義祖母に任せているだけで、夜寝ると、寝顔をゆっく
り見て「ごめんね」という、毎日でね。毎日が子らに”ごめんね”でした。でも……
今は、ありがたいことにみんながんばって家庭を守り、暮らしていてくれるのでね。
ただただ、ありがたいと思うのです。これも、子守りをし見てて下さいました、優
しい”おおばあちゃんのおかげ”と感謝なんです。あっという間に子育てもすぎてし
まい、もったいなかったなぁ……と思うのです。子育てをしておられます方は、お
おいに楽しんで、いっぱいの幸せを感じて、喜んで子育てなさってね。そう思うの
です。もう、気ずくのが遅すぎる私ですが~。


     *

   どうもがいても
   だめなときが
   ある
   ただ手を合わせる
   以外には方法が
   ないときがある
 
     ほんとうの眼が
     ひらくのは
     そのときだ
          相田みつを

      *

   ☆☆ いろんなことあるよ ☆☆

     どん底
     堪えられない
     苦しい辛い

     そんなときが
     そういうときが
     あるもんです
     
     でも大丈夫
     そういうときも
     無限じゃぁない

     必ず過ぎていくの
     だからそのときはそのとき
     じぃっとよく考えてね

     なんとかなると明るく楽しく過ごす
     そうしている間に過ぎていますよ
     いろんなことあるけれども ね

---------------------------------------------------------------------
「いい話」のおすそわけ
         太田典生 著

 決して叱らない ”鈴木メソッド” のメリット才能教育学者の鈴木鎮一さんの話。
 「私は、決して子どもを𠮟りません。もちろん教えていて駄目なところはあります。
しかし、その駄目なところを除くと、後は全部いいとを誉めます。誉められれば、うれ
しいのは子どもも大人も同じ。自分はできるのだ、というよろこびが湧いてくる。自信
がつく。その自信がやる気を育てます。
 やる気が出れば、子供はほうっておいても自分で、やります。積極的になるのです。
その積み重ねが大事なのです。」

 喜びが自信をつけ、自信がやる気いつながります。その繰り返しが身に着くと、何事
にも積極的になります。これこそ積極一貫です。
 教育とは、教え育てることです。今の教育には教えることはあっても、育てることが
徹底的にかけているようです。それが、最近の教育の荒廃となって、様々な問題を生み
だしているのではないでしょうか。
 子どもよく育ちます。生命がそうさせるのです。大人ができることは、子どもの能力
が育つ環境を準備してやることです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 短歌

 晴れた日は公園児童ら楽し気で飛び跳ねるごと遊ぶ姿よ

俳句

 桜咲く咲いた桜や嬉し春

川柳

 あるまじき教育者そう思う


 

*CommentList

仏教では煩悩に満ちた世界「此岸(しがん)」、悟りの境地を、「彼岸」

 世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
            在原業平

 運命は神の考えることだ。人間は人間らしく働けばそれでいいのだ。
            夏目漱石


 今日は、籠池理事長の証人喚問、テレビはそればかりです……。
 すっかり疲れがたまっています。ゆっくりしよう。年なんだから~ふふふ。
 昨日も北風が寒かったです。晴れていましたから、散歩に出ましたが、冬のコートで
ないと寒くて外は行けないわ。桜もビックリでしょうね。この寒さは。
 ぼんやりと、散歩から帰りましたら、ときどき会うおばあちゃんがおられお孫さんが
「今日卒業式で、着物に袴姿で出掛けたので、もう帰るころ、待っている………」と…。
嬉しそうでした。「おめでとうございます」と、お祝いをいい、少し話をして帰りまし
た。嬉しそうな笑顔はいいものです。
 昨夜、ふと、子どものころを思い出し、とても楽しかったなぁとね。黄色いモンシロ
チョウが、菜の花畑やレンゲの花が田んぼ一面咲くなかをいっぱい飛んでいるのが嬉し
くて、でも、それは子供の視線なんでしょうね。川にはおたまじゃくしがいっぱいいた
し、鮒やドジョウが泳ぐのを見つけたり、メダカがあの「めだかの学校」の唱歌の通り
に集団で泳いでいたり、それもこれもすべて、小さい子どもの視線なんだなぁ……とね。
 ほんとはそれほどおおかったわけではないのかも?大人になってから、不思議に思う
のです。子供のときの浮かぶ光景を、今、あまり見ないから~ね。いっぱいいないから
ふとね。ときどきそう思うのです? それが不思議で? 今までもよく思うのですが?
 子どものころ見た光景と、大人の光景とは違うなぁ? 不思議でね。川の中を、眺め、
学校帰りは、いつも道草してたのが想いだされます。母が待っているのに~

       *

      たね

     種子さえ
     蒔いておけば
     いつかかならず
     芽が出る
     よいたねには
     よい芽が

     悪い種子には
     悪い芽が
 
     忘れたころに
     ちゃんと
     出てくる
          相田みつを

        *

 ☆☆ 春だ 春だ ☆☆

    あたり一面なんとなく春だわ
    春となりゆくどこもかしこも
    春だ 春になる
    
    寒い冬は静かに去りゆく
    のどかな春となりゆく
    春だ 春だよね

    ちょうちょはひらひら
    自然のすべてが楽しげで
    春だ 春がくる
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 暦を楽しむ美人の言葉
            山下景子 著

 春分
     ~心の種蒔き

 「春分」は国民の祝日にもなっているのでおなじみですね。
 この日は「秋分」とともに昼の時間と夜の時間の長さがほぼ同じになる
ということと、もうひとつ、太陽が真東から昇って真西に沈むというのが
特徴です。
 春分の日が年によって二十日になったり二十一になったりするのは、地
球の軌道が完全な円ではなく、ほんの少し楕円形になっているからだそう
です。
 極楽浄土が西にあると信じられていた日本では、太陽が真西に沈むこの
日こそが最も極楽浄土に近づける日だと考えました。そこでこの日に仏事
を行うようになったのだといわれます。
 「春分」をはさんだ七日間が春の彼岸。「秋分」をはさんだ七日間が秋
の彼岸。そして「春分」「秋分」は彼岸の中日(ちゅうにち)というわけ
です。仏教では煩悩に満ちた世界「此岸(しがん)」、悟りの境地を、
「彼岸」ということから、やがてこの世を「此岸」、極楽浄土を「彼岸」
と考えるように変化していったのだそうです。
 「暑さ寒さも彼岸まで」とはよくいわれますが、やっと過ごしやすい穏
やかな気候になりました。
 昔の農家はこの「春分」を目安に種をまいたのだとか。
 私たちもそろそろ種を蒔きましょうか。種といっても植物の種とは限り
ません。ものごとのもとになるものを「種」と書いて「くさ」と読むので
すが、「遊び種(ぐさ)」「慰め種」「思い種」「語り種」………。
 すてきな芽が出る種がいいですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 そうですね。”かたりぐさ” ね。
 
短歌

 「疲れたな」誰もいないからひとりごとひとりごと言い「ああ疲れた」

俳句

  北風がいつまで続く春なのに

川柳

  花冷えは夜桜見には身にしみる


 
*CommentList

人間の心も、放っておくと、雑草が生える。

 運命の中に偶然はない。人間はある運命に出あう前に、自分
 がそれをつくっている。
             T・W・ウィルソン

 人間にとって、苦悩に負けることは恥ではない。快楽に負け
 ることこそ恥である。
             パスカル

 今朝は、晴れています。予想最高気温6度ほど上がるとか、でも、北風は
強く寒いとのことで、北風がいつまでも頑張っています。負けないでいこう。
 二ユースを見たら、姫路・こども園の内容を聞いてて、情けなくなります。
保育士7人が泣きながら「(園児を)守ってあげられずすみません」と謝罪…
とありましたが……。   ―――毎日新聞――より
 なんか泣けます。小さい子は何も言えないし、……森友学園のことにして
もね……信じられないようなことがおきてて、あってはならないことですね。
 
 昨日のこと。出かける用事がありでかけ雨の一日、こんな日は、心を明る
く雨を楽しもう……と、思いながら転ばないようにと注意し歩いた。
 街路樹の白木蓮が雨にうたれ、美しさも輝きが消えていく。もう終盤だわ。
季節は巡りゆきます。花は咲き、そして枯れそして、緑の芽がでてくる季節
へとかわりゆきます。さあて、昨日は、いただいた野菜が美味しくて、菜ば
なとキャベツ。味わい美味しかった。
 手作り野菜は味が違います。姉夫婦にも貰い、食べる時も「おいしいなぁ」
と思うのです。手作りは新鮮だからかしらね。買った野菜とは違いますもの。
 そういうときって幸せを感じます。だから痩せられません。美味しいもの。
 
       *

         相田みつを

    にんげん
    一番いやな
    ことは
    じぶんが
    じぶんに
    うそを
    いうときだ
           
       *

   ☆☆ いのししの気持ち ☆☆
  
      いのししが
      大事な野菜を荒らし
      悪いことをいっぱいするので
      農家の人が困っていると言ってた

      いのししを捕まえる人がね
      猪の気持をわかってあげないと言ってた
      猪の気持になる?わかってあげる?
      へえぇそうなんだビックリした

      なんかおかしくて
      でもなるほどな そうなんだ
      人間だってお花だってなんだって
      そうやって相手のことを思う

      それが大事なんだなぁと思えてきた
      なかなかなれないかもだけど
      でもそうよね大事なことよね
      その気持ちからヒントがでてくるもの

      なんか可笑しくて楽しくなっちゃう
    
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 小さな人生論
             藤尾秀昭 著

 溌剌颯爽
 
 近所に、それほど大きくはないが、手入れの行き届いた庭を持つ家が
あった。植木もきれいに手を加えられ、季節の花々がいつも、彩りあざ
やかに咲き、道行く人の目を楽しませ、心を和ませていた。

 ある日突然、その家の主人であった人が亡くなり、若い夫婦が二人、
その家に住むようになった。
 それから数カ月、道行く人の目を楽しませていた庭は、みるみるうち
に荒れ果て、無惨な姿になった。
 同じ庭がこうも変わってしまうのか、一種悲しいような思いで、その
庭を道すがら、眺めている。

 それは一つの例、である。

 心の時代、といわれている。しかし、人間の心とはそれほどきれいな
ものではない。

 人間の心は宇宙、自然と似ていると、言えなくもない。雑草は放って
おいてもまたたく間に繁茂する。しかし、美しい花は、水を与え、肥料
をやり、虫を除け、丹精込めて育てなければ花開かない。
 人間の心も、それと同じである。放っておくと、雑草が生える。
 心の花を咲かせるためには、絶えず心を見張り、雑草を抜き取らなけ
ればならない。

 二宮尊徳は「あらゆる荒廃は人間の心の荒蕪から起こる」と言った。
そして、心を荒れ放題にしないためには絶えず、心の田んぼ、つまり心
田を耕さなければならないと説いた。

 溌剌颯爽――。いつも気持ちをさわやかにしておく。いつも、さっそ
うとした気分でいる。溌剌颯爽こそ、心の雑草を取り、心の花を咲かせ
るために、欠かせない必須の条件である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

短歌

 春の雨しとしと降れば遊んだな「春雨じゃぁ濡れてまいろう」

俳句

 春の夜や記憶の途切れや不安なる

川柳

 この国の子どものために目を見張る



*CommentList

松下幸之助さんを例にとると、名刺を交換した時に、会話の途中でも何度も相手の名前を呼ぶようにしていた。

 二つの意見が対立する時、反対論の中に多くの真理があるものだ。
                  松方重義

 決定の場面においては、トップは常に孤独である。
                  ドラッカー

 昨日より今日は、10度ちかくも気温が低くて雨とか、冬のまた気候とか。
 寒いようです。ひと雨ごとに暖かくなるのでしょうね。
 昨日のこと。いい天気でね、菩提寺に行く途中のことですがまたもドジでし
た。 駅に着いたら長男夫婦が待っていてくれて、カードで改札口を出ようとし
たら出れなくて分からなくて、嫁が来てくれてなんだかわけわからない私を、
助けてくれ……なんだったのかな?わからない。でも嫁がやってくれた。そし
て、菩提寺まで送ってくれて、たすかり、おかげさまだわ。有り難いこと。
 いつもながら大勢の方がお参りに来ておられ、本堂はいっぱいの人でした。
 お昼まで本堂でお参りしてたら、友人が車で迎えに来てくれたので、二人
でランチにゆきました。
 久しぶりに美味しいパスタランチ。田舎の道をくるくる走って連れて行っ
てくれたのですが、道がさっぱりわからない。でも、一軒家のイタリアンの
建物で素敵でした。前菜から出て、デザートまで、うーん物凄い美味しい。
 手作りの野菜もいただき、駅まで、送ってくれました。めまぐるしく時が
進んで、私は、なんだか記憶がぬけてしまってて………家に帰っていたわ。
 ボンヤリしていて、ご先祖様が守ってくださったようです。ありがたい。
 そして、みんながまもっていてくれてるなぁ……ありがたいこと。

        *

      吹きぬけて行け
              坂村真民
    吹きぬけて行け
    吹きぬけて行け
    善も
    悪も
    憎悪も
    怨恨も
    空っ風のように
    わたしの体を
    吹きぬけて行け
    吹きぬけて行け

        *

  ☆☆ いいことをしていきたい ☆☆

     あの人がこう言った
     このひとがこう言った

     あの人にされたこと
     このひとにしたこと

     ときはすぎさっていくから
     すべてはおかげさまでと

     いいことをかんがえて
     いいことをしていきたい

     そう思うんです
     失敗ばかりのわたしだから

--------------------------------------------------------------------
      中村天風
     安岡正篤 に学ぶ
  成功の法則
             下村澄 著

◆相手をよく知れ
 
 基本的なことをいえば、まず、相手を知ることである。
 松下幸之助さんを例にとると、名刺を交換した時に、会話の途中でも何度も
相手の名前を呼ぶようにしていたそうである。そして、その場で相手の名前と
顔を覚えたというのだ。
 パーティなどの席上で名刺をもらった時も、すぐにポケットや名刺入れにし
まわず、応接間や喫茶店などの椅子席の場合には、テーブルの上に順序よく並
べ、しっかりと相手の名前と顔を覚えるようにする。立食パーティの時でも、
名刺を手に持って確認する心構えが必要だ。
 次に、相手がどのような人物であるかをチェックするのも良いだろう。相手
の趣味やくせ、話題に取り上げた話など、なんでもいい。そうした細やかなこ
とを思いだして、手帳にメモすればさらに確実だろう。かりに、自分が相手と
まったく趣味が合わなかったとしても、そのメモが十分役立つということもあ
るからだ。

◆あなたの印象を相手の心に残せ

 出会いを人脈にまで深める第二のポイントは、あなたの印象を相手の心に
残すことである。
 逆に、あなた自身にも相手のことが心に残らなければならない。つまり、お
互いが印象に残るような余韻を持ち合うことが人脈つくりの始まりとなるのだ。
 では、具体的にどうすればよいのか?
 まず、相手の言う一言一言、態度、声のトーン、顔の表情、くせなど、一つ
一つを熱心に研究することから始めるべきである。
 まして相手が何か情報を欲しがっている場合は大きなチャンスである。自分
の得意分野でなくとも、できる限り積極的にるサーチして情報を提供してあげ
る。あるいはその道に精通している人を紹介してあげるといった姿勢が重要な
のだ。
 これは、ビジネス以外、プライベートで話題にあがった話にも活用できる。
――省略―――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

短歌

  菩提寺の本堂いっぱいおまいりで経を読む僧の声が響けり

俳句

  春彼岸にご先祖様にありがとう

川柳

  真実はどこにあるかなわからない


*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽