おばあちゃんのひとりごと

Entries

自分の煩悩の深さにと愚かさに気づいて、お念仏をよりどころとして立ち上がっていく

 老醜はあっても、老美は辞書になし。

             森田茂

 

 未練が老醜の始まりではないだろうか、

             中野重治


  なんとなく、お盆のころになると、厳しい暑さも少々いいかなぁ?と思う。

 昨朝、家をでたら久しぶりに兄嫁(亡き兄の奥さん)である、ねえさんから、

電話が入り、バス停までの間、おしゃべりをした。元気が嬉しい。私がいつも

笑わせるので、声が明るくて楽しそう、だって、いつも褒めてくれるから笑わ

せてる。姉さんのこと好きなんです。ねえさんは私に甘いのです。

 息子夫婦に送ってもらいながら、つい、ねえさんと話しながらバス停まで~

「おかあさん。携帯は歩きながらはダメだよ~~危ないよ~~」

「あっそうだった。忘れてたなぁ~うん~わかった。危なくないと思うなあ」

「それがいかんだよ~~」

 そうであったな。嫁さんに「お母さんかっこどうかなぁ~』いえば、ふふふ。

「おかあさん、ばっちりだよ~~いいよ~~」って、ふふふ。優しい嫁です。

 昨日は順調にいき過ぎて、早くついた。納骨堂でご先祖様におまいりして、

どうしようかなぁと思っていたら、その町内の若いパパさんがたが、子ども会

の行事らしく、20人ほど集まりお寺の広場での木陰で、竹を割り、そうして、

一所懸命に何かやっておられる。このグランマのこと。暫く見てて、つい声を

かけてる。暇なので、寺の受付が始まるまで、そばでずーと眺めていた。

「”そうめん流し” 作ってるのでしょう~~」

「はい、そうです~~」

「がんばってね。楽しくて、いいわねぇ~~」

 皆さん、工夫しておられ楽しいのよね。ぐしゃとこわれたり~~いいなぁ。

 そうしてお寺に行き、お庫裡さまとお話しその後、茶席で抹茶を頂き本堂で

座っていた。10時から正午まで、お経やらご法話(前住職さま)、お経の間に

は音楽がある。今の住職(電子オピアノかな?)さんと息子(シロホン)さん、

お姉さまとその娘さんが素敵なお歌を~~。心が綺麗になりそうな美声です。

ちょうどお昼に終わります。お庫裡さまが、優しいのです。私にそーと下さる。

葛まんじゅうでした。パックに入れてあり、綺麗に包んであってね。嬉しい。

 お昼、外に出たら子供たちやらおとうさんお母さん方が楽しそうでニコニコ

「そうめん流し、出来ましたか?」

「はい。みんななくなりました。また今晩もやりますから是非きてください」

「じゃあ大成功ですね。よかったね」

 さっきのことを、覚えてくださっているようで声をかけてくださる。

 田舎の皆さんは、いいなぁお人柄が~~何回も皆さんで言ってくださる~~。

 広場は盆踊りの提灯が飾られ、ばっちりと夜の支度ができている。

 友人が来てくれて、車で”イタリアン料理店”に連れて行ってくれて、話をし

どれだけ話したかしらん~~駅まで送ってもらい、友人が野菜をいろいろとく

れていただいたのを、すべて欲張ってもらってきました。かぼちゃやら~~。

 エレベーターで。あの95歳くらいのいつもの紳士に、偶然に会いましたので、

「ねえおまんじゅういただいたからあげる~~」

「いいよ。でも、それならおいしそう~~」

「二人だから~二個でいい~~」

 エレベーターのドアを開けたままで~~大変でした。思い出すと笑えちゃう。

 そして同じ階の親しいご夫婦にも、おすそ分けで葛まんじゅう~~頂き物が

大活躍。私は残りを独りで食べちゃいました。やはり、おいしいのですもの。

一日で糖分とりすぎだわぁ大変。ふふふ、遠出で疲れたぁ~~。


        *

    遠くから 見ている

         相田みつを

        *


    ☆ どこかで見てるの ☆


     どこかで見てる

     なにしてる

     どうしているの

     まもってくれてる


     なんにも感じないよ

     だから ほとけさまに

     なんまんだぶつ

     ありがとう


     そう祈るのです

     それがいちばん 

     なんまんだぶ なんまんだぶつ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 浄妙寺報  29・8

                                     稲荷山 浄妙寺

 今年は五十年に一度の大雨とか、一ヶ月分の降水量が一日で降るような豪雨に

よって様々なところが浸水・土砂崩れ等の被害に見舞われています。被害に遭わ

れた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

 昨年熊本地震の被害に遭ったお寺の友人が復興に力を入れていたのですが、ま

た九州北部の豪雨の被害で、ボランティアが足りないと嘆いておられました。

 熊本では一年以上経っても、屋根にビニールシートがかけられた家や、更地に

なったままの所がたくさんあります。自宅には住めなくて仮設住宅住んでいる方

また仮設にも当たらない方がおられるそうです。

 東日本大震災や、福島第一原発事故等もまだまだですが、こうしたどうするこ

とも出来ない問題に対して私たちには、何が問われているのでしょうか。

 最近は台風の進路情報で、「こちらに来なければ」とか「それで良かった」と

いう言葉や、「この辺は台風や浸水の被害が無くて良い所だ」等の話を聞くと、

「自分さえ良ければ」という言葉に自分で変換して聞くようになってしまいます。

 しかしその言葉をそう聞く私こそどうなんだと。自分の本音はどうなんだと問

われていることを考えると、とても恥ずかしく思うのです。

 親鸞聖人が比叡山をおりてお念仏の教えに出遇い、師である法然上人から大切

な教えとして心に残された言葉があります。

 ---省略ーーー

 親鸞聖人が八十八歳の時、関東にいる門弟たちにこの言葉を伝えようと京都か

ら書き送られた御消息の中の言葉です。

 「愚者になる」とは、人間である限り誰もが離れることのできない煩悩や執着

心「自分さえ良ければ」という心があることに目覚めること。そして「往生する」

とは立ち上がり歩んでいくこと。

 自分の煩悩の深さと愚かさに気づいて、お念仏をよりどころとして立ち上がっ

ていくことが大切だということだと思います。

 しかし私には、この自覚ということが難しいのです。「わかった」と思った直

後には愚者である自分をわすれてしまうのではないでしょうか。

 「愚者になりて往生す」反芻しながら味わっていきたいと思います。

                           合掌  釈義央


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

短歌


 ふるさとの友の誘いでふるさとへ仲間と話すひととき嬉れし


俳句


 蝉の鳴く寺のお参りお盆かな


川柳


 千の風そうなんだよな墓参り




 いつも、訪問くだされまして、心からありがとうございます。 

 昨日は、みなさまに、訪問が出来なくて、すみませんでした。

            

親子の会話。それこそが、どんな英才教育よりも、わが子を賢く育てるための早道なのだ

   相手の話に耳を傾ける。これが愛の第一義務だ。        

              ポール・ネイリッヒ


 愛ね。そうですよね。話に耳を傾けるね。反省しきりだわ~~わたし。

 さあ今日は田舎の菩提寺のお盆法要会。お参りにバスとJRでね。昨日は時間を

調べてきましたので、ばっちりのつもり。駅からは息子夫婦が寺まで車で送って

くれます。午前中は、本堂でお経や法話を大勢のお参りの方とお聞きするのです。

おときはいただかずに、お寺のそばに住んでいる友人が、ランチに誘ってくれて、

迎えにきてくれ会いおしゃべりして駅まで送ってくれます。7時には家を出ます。

頑張ろう~~楽しんでご先祖様に会ってきましょう。喜んでくださるといいけど。

仏様のお供えうぃデパートに買いにでかけたときに、昨日、仲良しのご近所さん

に出会ったら、友は言う。(友の実家は、確か軽井沢だな)。

「お盆の時期がすんでから実家に行くのよ」

「いいなぁ。そうだね、それのが空いてていいよね。賢いよ」

「でも、そのころ、また、天気悪いみたい~~」

「そうなの? 今年の気候は、まったく、雨やら雷やら風やらね、困ったものよね」

「この間、布団干しても乾かないというか~~カラッとしないのよ~~」

「ふーん、そうなの~~湿度が高いのよね。きっと、地球が泣いてるよね~~」


       *

  「お蔭さま運動」に寄せて      山田無文老師


  父さん母さんの おかげです

  学校の先生の おかげです

  友だちみんなの おかげです

  お米や野菜の おかげです

  着物やお靴の おかげです

  社会ではたらく 皆さまの

  お蔭さまです ありがとう 

       *


  ☆ おかげさま ☆


   おかげさまで

   こうして

   毎日を

   明るく楽しく過ごせます

   なんてありがたい

   幸せなんです


   だから すべてのひとに

   ありがとうなんです

   そこに気がつけて

   ありがたいのです

   それがなにより幸せと思う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 いい子に育つ仏のことば

                西村恵信 著


 「無知」の自覚こそ学びの基本

 さて、ひるがえって、子育ての話です。子どもは多少知恵がついてくると、「ぼ

く(わたし)それ知っている」ということばをしばしば口にするようになります。

親とすれば、そんなわが子の成長が微笑ましく、「ほう、賢くなったな」とほめて

あげたくなるでしょう。

 しかし、昨今は、そのまま成長が止まってしまったのではないかという若者も多

く見かけます。つまり、「自分は何でも知っている」と錯覚し、他人の意見に耳を

貸そうとしない若者たちです。みなさんのまわりでも、しばしば見かけられるので

はないでしょうか。

 一人の人間が本当に賢いかどうかは、その人が自分のおろかさということをよく

知っているかどうかという点にかかっていると思います。

 昔、ギリシアの哲人ソクラテスは、「無知の知」ということを教えました。これ

は、その当時、ポリスの市民たちに向かって何でも知っているように言い触らして

いるソフィスト(当時の職業的哲学者)たちに、ソクラテスが独特の対話を吹っか

け、彼らが世界についていかに無知であるかを自覚させたことに由来します。 

「自分には、まだまだ知らないことがたくさんある」という意識は、「さらに学ぼ

う」という思いを喚起します。子どもの「ぼく(わたし)それ知っている」のこと

ばに「すごいわね」で終わってしまえば、子どもはそこで満足してしまいます。

下手すれば、知ったかぶりでまわりの子どもたちから敬遠されることだってありま

す。

 そうではなく「実はそれだけではないのよ………」と、わが子の知らない部分を

親が話してあげてはいかがでしょうか。それを繰り返すことで、子どもは自分には

まだ知らないことがいっぱいあるのだということに気づき、それが学ぶ姿勢へとつ

ながっていくはずです。 

 親子の会話。それこそが、どんな英才教育よりも、わが子を賢く育てるためのい

ちばんの早道なのだと私は考えます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 この話。私には気がつくことがあるのです。まだ小さい頃で。5~6歳かしら?

姉や兄(13歳ほど違う)絵本を見てるときに。かならずその絵本を指しからかうの。

「これはなんだ?」動物やらね。やっとそれを全部答えられるようになった時もう

みんな知っているぞ……と、小さいなりに兄や姉らから”バカにされないぞ”ってね。

そう思ったことがあるんです。そのまま成長が止まていそうかしら?ね。

 ~~~でも、それが違うということを、いつかなぁハッとしましてね。

 まずは、動物園に行けば絵本にはない動物がいっぱいだし~~びっくりでした。

驚きましたね。まだまだ知らないことばっかりだぁ~~これを読みながら小さい頃

を懐かしく思い出すのです。もう、みんな逝ちゃつた(5歳の上の姉だけ~~) 


短歌


  お盆会に子らと夕暮れに墓参せし郷の情景恋しくもなり


俳句


  お盆会に提灯もちてみなで墓


川柳


  ほおずきが店にあるある横目で見る



*CommentList

矢は当たらぬに狐は死にて候。

  怒っていても、泣いていても、笑っていても、変わらず一生は
  過ぎるものである。だったら笑っていた方が得ではないか。
                大津秀一

  何を笑うかによって、その人柄がわかる。
                マルセル・パ二ョル

 蝉はいつも、よく鳴いているわ。蝉は元気で嬉しいこと。もうすごいすごい。
 今朝、姉から電話が入った。暑くてか、手紙も書けなくなり「どうしてる~~」と。
 暫く話せ嬉しかった。朝からなんだか疲れたなぁ~~と、ぼんやりしている。今日。

 さあ明日は菩提寺のお盆法要会におまいりにいくので、お供えの菓子箱を買いに行
かないと~~頭の中で考えている。
 昨日のこと。楽しかったのです。いろいろ思い出やら、息子ら夫婦を話せました。
 来てくれましたのでなにかお料理を手作りしたいと、ちょっとね。おいしいと食べ
てくれました。ふふふ。うれしいなぁ。
 子ら夫婦は手作り料理や、いろいろと買ってきてくれたり、お寿司やサラダやら、
お洒落なチーズやら、いろいろ~~ありがたい。感謝。嬉しい。
 ビールをいっぱいのみ、みんな帰ってしまったあと、ふうふう。呑みすぎたぁ~~。
いつも呑みすぎてしまっておばか~~~調子悪くしてる”おバカ”なんです。ふうふう。

 昨日の朝、息子夫婦が来るのを玄関で待っていたらね。その間には、次から次から
いろんな人が通られるのでいろんな人に出会えて、待っている間も、結構楽しかった。
「こんにちわ。待っているの」
「うん。もう来るころだから~~みんなが来るから~嬉しいわぁ~~」
 どなたも、元気そうで、何気ない会話だけれども、面白くて、楽しい。
 私のこと、久しぶりの出会いの人には、つい ”ハグしたり” おしゃべりしたりし
て~~ね。ああ、待っている間も、こうして出会えて、この不思議さが好きだわ。
 仲良しの奥さんは買い物にゆき、「お店の前の自転車忘れてきちゃった。まだある
かしら?」あわてていかれた。よそ事考えててやるのよね。そういうことあるのよね。

 昨夜のニュースを見ていたらね。ちょっと、気になったニュースですが~~、
 北九州市の病院で、”悪夢の耐性菌(CRE)” 3人が亡くなられたとのこと。こわい
ですね。抗生物質がきかないとのこと。いろいろとあるものです。

 さあがんばらないとね。今日も、溌剌とがんばろう。明日は朝早く田舎へおまいり。
      
            *
      「負けました」といって頭を下げるのが
      正しい投了の仕方
      辛い瞬間です
      でも
      「負けました」とはっきり言える人は
      プロでも強くなる
      これをいい加減にしている人は
      上に行けません。          
          谷川浩司(棋士)
            *

      ☆ こころ ☆
    
     自分の心が何でもを決める
     だから考える
     そして決めること

     それがどれほど
     大切なことであるかを
     自分のこころに教えるがいい

     なんでもを考えて決めたら
     そこに向かって
     あとは忍耐と努力だ

     自分が決めたんだから
     

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 夫と妻のための老年学
                水野肇 著

 ストレス
 ――-省略―――
 ストレスが非常に大きいと死ぬこともある。八幡太郎義家が東北遠征をしたさい、狩り
をして狐をたおしたさい「矢は当たらぬに狐は死にて候」と部下がいったという話がある。
強烈なショックが狐を死においやったわけである。人間の場合、目標を失なって再帰でき
なくなると死を早めることは多い。
 一昨年の暮れの衆院選では、保守、革新とも、長老議員が多く落選した。それから一年
もたたない間にそれらの ”前代議士” がバタバタとなくなった。捲土重来を期せるとき
はいいが、年をとっていてそれがむずかしいときにはガックリきて死ぬことが多い。とく
に赤ジュウタンを踏んで華麗な生活をしていた、国会議員が選挙に落ちて ”タダの人” 
になった場合は、死ぬことが多いのは注目すべきだろう。
―――省略―――
                       昭和53年6月10日初版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 いつも、なんでもどんなときも、ゆっくりと明るく毎日を過ごして生きたいですね。
 ストレスをうまくかわさないとね。

短歌

  ぼんやりとついぼんやりですごしても不思議なほどに疲れています

俳句

  満月や「山の日」そんなの知らなんだ

川柳

   老いるごと頑固にならずさわやかに

この記事、前に。書きましたが~~ちょっと~~再編集してみました。 
*CommentList

西郷のような情が私の中心にあるけれども、事業をやるには大久保利通の理性と冷静さがいる。

  上手なあいずちは、人の心の真実を汲み出す誘い水である。  

               吉川英治


  お盆帰省ラッシュが今日はピークとニュースでやっていました。

 さあ、我が家も嬉しいなぁ~~今から、なにかをすこし作ろうかなぁ。

今はすぐに過ぎてゆきます。

 昨日は、バスで美味しそうなものを買いに行った。何を作ろうかなぁ?

 嫁が用意して来てくれるというが、すこしだけ手作りしたいなぁ~~とね。

下手だから喜ぶこともないけど、自分の気持ちを満足にするためだけよね。

 昨夜ね、雷がすごい音でね。まるで雷さんたちが、暗い空の雲の上を、走り

回っているようでした。大きな大きな音だった。雷さまの親子たちが喜んで、

太鼓叩いて走りまわっている感じでした。ホント、そうなのかも~~ふふふ。  

 若い頃は、雷が恐かったなぁ~~笑えるほどにね。蚊帳の中がいいといわれ

てて、蚊帳にはいったもんです。今はどの家も蚊帳がないですね。おかしい。

 老いて倖。なんともなくなっていたわ。それがおかしくて、すごい音で、び

くっと~~したけれども大丈夫。落ちたほどにすごい音だったけれども~~ね。

  さあ、今日は、にわか雨と雷雨の予報。降らないでほしいなぁ~~。


        *

   一、心中常に神を含むこと。

   一、心中絶えず感謝の念を持含むこと。

   一、常に陰徳を志すこと。

           安岡正篤

        *

 ☆ かんがえかたひとつ ☆

    

    どんなときも

    ちょっと

    自分でよく考え

    

    自分が

    考えること

    とても大事なのです

 

    考えたらそれを実行する

    なんでもやってみないとね

    かんがえることがいいな


------------------------------------------------------------------------------------

  稲森和夫の哲学

                稲森和夫 著


 情と理について

 --省略ーーー

 実際、西南戦争での西郷は「私もついていこう」という姿勢で、若者たちのあ

とについていったという印象が私にはあります。桐野利秋を筆頭にした青年将校

が先頭に立ち、西郷は一回も指揮をとっていません。幕末から明治維新にかけて

あれだけ知恵を働かせ、優れた戦略を立てた男が、何の準備もせず、若者たちと

行動をともにするだけだったのです。

 また、西郷を慕って九州各県から応援に来た、明治政府に憤慨する元士族の

人々の協力も断っています。その態度を見ると、勝とうとした形跡があるように

は思えません。このあたりはいまだにみんながわからないといって議論されてい

るところですが、私は西郷の深い情が理性を超えて動いたのだろうと想像してい

ます。

 この情の大切さを、私は旧制中学1年のときに強く教えられ、これはいまだに

身にしみついているような気がします。

 たとえば、いちばん質が悪い人間について、当時の修身の先生はこんなことを

教えておられました。

「コソ泥が留守の家に入って盗みを働いているところに家人が帰ってきた。コソ

泥をしようと思って留守宅に入ったのなら、家人と鉢合わせになったときに逃げ

るのが当たり前だ。ところが、台所にあった包丁をふりかざして、強盗に変身す

る輩がいる。こういう居直り強盗が、いちばん汚い人間だ」

 また、「もし親友が何かの拍子に人をあやめ『いま人を殺してきた。助けてく

れ』といって、弱り果てて自分のところに逃げてきたら、君はどうするか」とい

う問いかけも鮮明に覚えています。

 旧制中学の一年生ですから理屈はわかっているつもりでしたので、「友だちの

非を諭し、自首するように勧める」とみんなが答えました。すると、それはだめ

だと先生は却下しました。「そうして友人が頼って来たなら、自分が罪に落ちて

もいいからかばってやるのが親友だ」とおっしゃったのです。

 現代では通用しない考え方かもしれません。しかし、それが人間としての義と

情の道だということを教える先生でした。まさに西郷隆盛の生き方そのものを教

えておられたように思えます。

 西郷は義と情にあふれた、私にとって心の軸になる人です。しかし、私は情を

ほだすような話をもってくる人間を受け付けません。そういう意味では冷たいの

かもしれませんが、それは京セラを創業して間もないころ、「西郷のような情が

私の中心にはあるけれども、事業をやるには大久保利通の理性と冷静さがいる」

ということに気がついたからです。

ーー省略ーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  さすがに、稲盛様ですね。考えられておられますよね。

「西郷のような情が私の中心にはあるけれども、事業をやるには大久保利通の

ような理性と冷静さがいる」

 私は考えがなく生きてきたわ~~大事なことなのに~~。


短歌


  開店祝残りの花が寂しげで一本もらい家は華やぐ


俳句


  原爆の日の式典や涙する


川柳


  盆のくるほうずき売れる花屋さん




*CommentList

ひとつの思想、根源を極めると立場を変えて響きあうものが生まれる

 その日その日が一年中の最善の日なり。

            エマーソン


 そう思って毎日を過ごすのです。毎日は新しい日なんですもの。

 楽しい旅は、楽しいときは一瞬の間に過去。早い早い。老いるはずです。

せっかくの人生ですもの、いいことだけを思って生きないと、もったいない。

 さあ、明日は息子ら夫婦がきてくれます。嬉しいなぁ久しぶりに大掃除だわ。

嫁らが優しいので、明日は甘えて過ごすのです。みんなやってもらって、私は

息子らとビールを飲んでいようかなァ。娘夫婦は外国ですので、アマゾンから

ビールを送ってくれました。だから、ありがたい。みんなのおかげで今があるわ。

 重いものは買わなくていいし~~倖。

 料理は嫁が買ってきてくれる~~倖。

 怠け者のグランマです。ふふふ。倖。

 みんなにあえて、話せるありがたい倖。

 ありがたい。ありがたくってね。あーあ 倖。


      *

   われわれが人間の心に

   発見する

   最初にして

   もっとも単純な感情は

   好奇心である

        パーク

      *


  ☆ うれしい ☆


   なんだってどんなことも

   うれしい

   しあわせになる


   いいじゃあないの

   そう思えば

   あまえてありがたいと感謝し


   そうしてなんでも頑張ろう

   みんながよくしてくれて

   うれしくて


    あーあ わたしはしあわせ


------------------------------------------------------------------------------------------

人間・出会いの研究

              小島直記 著

親交

 ---省略ーー

 この「自伝(田中清玄自伝)」の中に、はからずもこの章のテーマ「左と右」

に関する見事な判断が示されていたのです。


「右翼の元祖のようにいわれる頭山満と、左翼の家元のようにいわれる中江兆民

が、個人的には実に深い親交を結んだことはご存知ですか。ひとつの思想、根源

を極めると、立場を越えて、響きあうものが生まれるんです。中途半端で、ああ

だ、こうだと言っている人間に限って、人を排除したり、自分たちだけで、ちん

まりと固まったりする。自由人になり切ること。もっと分かりやすくいえば、対

象になり切ること。政治家なら、国になり切り、油屋なら油田になり切り、医者

ならばバクテリヤになり切る。それが神の境地であり、仏の境地だ」


「要するに、極右も極左も、頭の程度がまるで同じ、一言で言えば無知だ」

 

 質問(これまで国内外でずいぶん多くの人的関係を作ってこられましたが、その

秘訣はなんですか)に答えて、


 「秘訣というほどのことではありませんが、何でも自分を捨ててかかること。

自分と言うものを滅してかかること。これは面倒ですよ。我執になったらだめです。

私はそれを純一無雑の心境といっている。この心境で相手に向かい合えば。相手の

人物の器量がそのまま見えてくるものです。それと、相手が信用した以上は、こっ

ちも信用するぞという態度を貫き通すことです。いったん約束した以上は、どんな

困難があってもやる。うそは言わん。これが世界中で通用する真理です」


 

 質問(世間では田中清玄と言う人は、右か左かわからないという人も多いのです

が、田中清玄さんお話を伺ってきて、最後に思うのは、どうもこの世の中はもとも

と右だとか左だとか言うのは、関係ないのじゃないかということです)に答えて、


 「宇宙をよく見ていないから、世間の人はそんな愚問をする。本来無一物、これ

は、無尽蔵、宇宙に、右も左もあるもんか。物理学からいっても、また禅の道、広

く宗教一般からいっても、宇宙には右もなければ左もない。そうじゃないというな

ら、どれが右でどれが左なのかつかんでみせろ。そんなもの、人間のこざかしい智

恵が、手前勝手に作り出した幻想だ」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 頭山満氏は、中村天風氏の師です。

 わたしも、もつと純粋にならないとね。しみじみ思うのです。

 


短歌


 「そんな日もあったなあ」と過ぎし日を友らと語る夏の夜更けや


俳句


  姉の文懐かしい夏が浮かびくる


川柳


  夕飯の半額めざし買い物だ



*CommentList

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽