FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

あのつらい出会いも「自分が本当の自分になるために必要だったんだ」とうなずける日がきっとくる。

  自分というものがある。あるがままで十分だ。

             ホィットマン/アメリカの詩人



  人生を明るいと思う時も、暗いと思う時も、私は決して人生を

  ののしるまい。

             ヘッセ/ドイツの作家



 どんなことがあったとしても、自分の人生なんですもの。乗り越えられるも

ので、そして、「自分にとって必要だったんだ」とうなずける日となるのよね。


 今日は長女のバースデイ。今からメールしようかなぁ、元気が有り難い。

 水曜日、カルシュームの薬を飲みました。30分は飲んだり食べたりそして

寝転んではいけない。もう数年(圧迫骨折の語)飲んでいます。

 さあ昨日はモーニング珈琲では、久しぶりに、はつらつ奥様と一緒になった。

話がはずみ楽しい。いつものように11時半には帰って行かれた。わたしはね。

先日、能(5,000円を二枚)のチケット・講演会(東海道57次)のチケットを

送って下された友人に礼状を書いてね。そしていつもの文芸仲間にも手紙を書

いて出しました。そうそう、息子にも手紙を書きました。

 今日は散歩しないとな・・・やっと元気に足取りもよくなったのですもの。

努力を毎日しないとね。夕方散歩に出たら、お隣の奥様から電話が入る。

「ずーと、会えてないけれども、元気ですか?」

「まぁありがとうございます。元気ですよ~~そうよね。いつあったかしら?」

「元気だったらいいけれども、ワカメもらったから、如何かなぁと思ってね」

「大好きだからいただくわよ。今、出かけてるから帰ったら寄るわね・・・・」

 と、家に帰り寄る。東京のお土産が一つ残っていたので、もってお隣へ~~。

「どうしたの?まぁ~~ありがとう~」

「この間、東京に行っていたから? お土産です」

「ああ~~それでなのね。2.~3日ドアに袋がかかったままだったのね・・・」

「そうなんだ!うん。あの友達がおいてくれたみたい。留守にしてたから~~」

 そうかぁ~~心配して留守電にいれてくれてたご友人が、りんごを袋に入れ

てドアにかけておいてくださったのだなぁ~~ト、思い出した。

 ありがたい。ありがたい。みんないい人だわ。


         *


   ☆ うまく老いる ☆

            フェアリーグランマ


     老いていく

     老いることを喜び

     老いることを楽しみうまく老いたい

     

     みんな誰も老いていきます

     今まで生きてきた結果が見えてくるものです

     自分に厳しくしまわりに甘えないでいたい

    

     自分でできることを考え

     自分なりに心配をかけないよう

     老いていく自分を立派にしたい


     まわりに感謝したい

     おかげさまです ありがとう と

     うまく老いを生きていきたいな

     

     そのためには努力しないとね



----------------------------------------------------------------------------------------------

 喜び上手

   仏教に学ぶ生きるヒント          松平實胤 著


 人生出会い

  人生にはいろんな出会いがある。たとえば、嬉しい出会い、楽しい出あい、感動

 の出会い。そんな出会いばかりなら、心から喜べれる「喜び上手」になるのは簡単

 である。しかし、人生には、悲しい出会い、苦しい出会い、つらい出会いもある。

 そんな出会いは心から喜べるはずがない。むなしくて、悲しくて、悔しくて、わが

 身の不幸を嘆くばかりである。

  しかし、あくまでも出会いは「自分の意思と努力では到底およばないところで決

 定される条件」、すなわち縁の力のなせるわざだ。そこから誰も逃げられないので

 ある。じっと耐える以外に道はない。

  しかし、耐えた者だけに、また未来は明るく開けてくるものなのである。ずっと

 あとになって、あのつらい出会いも「自分が本当の自分になるために必要だったん

 だ」とうなずける日がきっとくる。そのとき、どんなにつらかった出会いも有り難

 く、感謝せざるを得ない自分に気づき、すなおにその出会いを喜べるようになるの

 である。

 ――――省略――――

 をさはるみさんの「詩」は、ある方から教添わったものだが、以後、私の座右の詩

 となった。最後にそれを紹介して完としたい。


     独り言


   私が私になるために

   人生の失敗も必要でした

   無駄な苦心も骨折も悲しみも

   すべて必要でした

   私が私になれた今

   みんなあなたのおかげです

   恩人たちに手を合わせ

   有り難うございましたと

   独り言

   

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 そうですね。私もこの通りですわ。吉川英治さまが言われたという。


    「我以外我師」・・・自分以外はみんな師である・・・・かな?


  素敵な言葉ですよね。そういうふうに思い生きていきたい。


 若すぎて何も知らずに大家族に嫁ぎ泣きましたが。私には必要な経験としみじみ

と、ある時  ”ハッと思った”  だから、この「詩」気持がよくわかるんです。

 ひどいと思った人らは、ほんとうは恩人だったんです。ふふふ。気がつけた幸。



短歌


 クリスマスソングの響く街をゆく幸せそうな人らひとりのわれ


俳句


 

 師走なるいよいよ平成さるさびし


川柳


 真冬並みやっと気候がなってきた


 

スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽