FC2ブログ

おばあちゃんのひとりごと

Entries

悪いことをしたときは一言だけ叱ります。五歳を過ぎたら、子どもと一緒に勉強することも大切です。

 人間は善良であればあるほど、他人のよさをみとめる。

 だがおろかで意地わるであればあるほど、他人の欠点を探す。

                      トルストイ


 喜べば 喜びごとが 喜んで 喜び連れて 喜びに来る。

                      道歌


 ふふふ。ドラマの主人公にあるなぁ?こういう人ね。エッ!私も? そう?

 ふふふ。困っちゃうな?いい人にならないと・・・・愚か者だからね。いつ

も喜んで過ごさないとね。


 もういよいよですね。あと、ああ1週間か。今夜は満月です。

 

 昨日の早朝、孫らがスキーに出かけました。久しぶりにひとりになり、あちこ

ちを独りで歩きました。自分が見たいものを見て、自分がしたいことをしてね。

日頃がひとりのわがままさんなのでね。気楽に元気に楽しく遊びまわりました。

 でも、ひとりになれば寂しくなってる。人間の欲というのは、自分勝手なもの

です。このあほ・そのまま・ホント・いつもながらのおバカなグランマですわ。

 今夜から数日は、また、おおにぎやかになります。

 おかげさまで しあわせ しあわせ ありがたい ありがたい ありがとう。


   昨日から学び、今日を生き、明日へ期待しよう。

                      アインシュタイン


 宅急便が2個届けられ、この前、香典返しの品をカタログで選び頼んだ品が届

けられまして、馬鹿げたものを頼んでしまいまして組み立てなくちゃアいけなく

て・・・道具箱を出してきて四苦八苦で仕上げました。出来上がるかしら?と、

心配しましたがなんとか形になりました。ふふふ。つまらない品を頼んだなぁ?

なんて、罰当たりなことを考えてる~~自分に呆れました。


 最近はなんだかね。自分がよほど気をつけないといけないな?と、よく思う。

ひとりのときは自分ひとりだから。感じてないけれども、孫とここ数日一緒にい

ましてね。なんていうか、一人合点が多いのに自分ながらあきれます。気をつけ

ないと・・・・。気が付いただけありがたいのかもね。孫よ。おかげさま。

 ありがとうだわ。



       *


 ☆ 「ごめんなさい」といいたくて ☆

         フェアリーグランマ


   過ぎ去った

   あの日 あのとき

   

   過ぎていくなか

   笑ったり涙したり


   なんだか なんだか

   思い出せはしないけれども

   あっただろうなぁ


   そう思うのです

   いろいろと悪かったなと思うことやら

   あやまりたいようなことがあったような


   遠い日を思うのです

   

   なんにも考えていなかった若かったむかし

   もしも そういうことがあったなら

   「ごめんなさい」そう伝えたい


   思い出のなかの自分を思い出しながら思う 


--------------------------------------------------------------------------------

 成功する人の

  超「右脳」完全活用術

                  七田真 著


 父親にしてほしい育児は、たったこれだけ

 子育ては、母親の専売特許ではありません。父親の役割も重大です。

 まず0歳のときには、オムツを替えたり、ミルクをつくったり、お風呂に入れ

たり、できるだけ育児を分担しましょう。

 この時期に大事なことは、赤ちゃんに夫婦が仲よくしている姿を見せることで

す。夫婦仲が悪いと、子どもは父親にになつきません。赤ちゃんは、母親に仲良

くしている父親を見て、心を開くのです。

 そして赤ちゃんに毎日語りかけましょう。父親は母親と違って、少々手荒に接

してもいいのです。赤ちゃんにとっては、それがむしろエキサイティングなので

す。

 二歳を過ぎたら、父と子の身体のふれあいが大切になります。肌のぬくもりこ

そが、父親とわが子の心を通わせるのです。父親が抱くと、子どもに父親の愛情

が伝わり、子どもは安心感を得ます。

 いわゆるしつけは、この安心感の中でやらないと子どもは反発するものです。

 同時に父親は、母親の ”行きすぎ” をたしなめる役割も担う必要があります。

元気でいい子に育てよう、勉強させようと、ついしゃかりきになりすぎて、力が入

っている母親を癒し、ストレスを取り除いてあげないといけません。

 3~4歳になったら、子どもと過ごす時間をできるだけたくさんつくりましょう。

 一対一で遊ぶのです。仕事が忙しいからといって、子どもに構わないでいると、

将来、それが家庭内暴力の原因になったりします。

 そして、子どもがいいことをしたときはたくさんほめ、悪いことをしたときは一

言だけを叱ります。 五歳を過ぎたら、子どもと一緒に勉強をすることも大切です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 可愛いわが子を育てるときは、心に余裕がなくて、毎日が走り回っていた。

 だから育てるのではなく、自分で育ってくれたなぁ~~としみじみ思うのです。


短歌

 

 「そんな日もあったなぁ」と過ぎし日をふと思い出す師走の夜更け


俳句


 去っていく師走のひと日は一瞬だ


川柳


 さようなら去り行く人ありこの世なり






スポンサーサイト



Comment

おはようございます

ごめんなさいと言いたい事あります。
未熟な母だったことアレコレ・・(/ω\)
その時は一生懸命だったんだけどね
今思うと
一生懸命過ぎて見えてなかったのかも
  • posted by 布遊子
  • URL
  • 2018.12/23 09:54分
  • [Edit]

あなたもそう感じて過ごされたのですね。きっと、ありがとうね。

 布遊子 さま
 こんにちは いつもありがとうございます。
 あのね。若く、無知だったんですよね。
 一生懸命なんだけれどもね。なんていうか~~目標が違うというか。
 なんでもに一生懸命なんだけれどもね。涙ね。

 そうですね。そうかもです。

 ・・・とてもいいね。「一生懸命で見えなかったのかも~~」・・・

 とてもいいわぁ~~こころにしみこんできます。ありがとう。そうですね。
 優しい言葉だわ、ありがとうございます。だわ。

 あなたさまも、感じられたことがあるのでしょうね。

 こころから ありがとう。
  • posted by フェアリーグランマ
  • URL
  • 2018.12/23 13:45分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

フェアリーグランマ

Author:フェアリーグランマ
ひとり暮らしのおばあちゃんですが、毎日を詩や短歌を作って楽しんで暮らしています。

心に残った本の一節を御紹介させて頂いております。

ランキング

ブログ村のランキングに参加しています。応援してくれたら元気が出ます!
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

flag counter

Flag Counter

最新記事

最新トラックバック

音楽